주요 기사 바로가기

ルノーサムスン、ストの後遺症…日産の注文量削減通知で委託生産半減の危機

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.27 07:21
0
ルノーサムスン自動車が委託生産中であるスポーツ多目的車(SUV)「ローグ」の今年生産台数が前年の10万台より40%減った6万台に減少する危機に置かれた。

ルノーサムスン関係者は26日、「日産が今年の注文は2014年の覚書(MOU)で保障した8万台から2万台減らした6万台だけにすると通知してきた」と明らかにした。ルノー・日産・三菱アライアンスの一員であるルノーサムスンは2014年のMOUで今後5年間に年間8万台のローグを生産することにしていた。だが販売台数に基づいて生産台数を調整し、昨年は10万7251台を生産した。ルノーサムスンは過去最長のストを行い20%以上工場稼動率が落ちた。ルノーサムスン関係者は「部分ストが続き1~2月のローグの生産にも支障があった。3月期決算法人である日産本社が不安定な生産とグローバル販売台数などを考慮して生産台数を減らそうとしているようだ」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP