주요 기사 바로가기

<大リーグ>柳賢振、ドジャース開幕投手に…米国進出7年目で快挙

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.23 11:17
0
「コリアンモンスター」柳賢振(リュ・ヒョンジン、32)がLAドジャースの開幕投手に決まった。

LAドジャースのロバート監督は23日(日本時間)、「柳賢振が開幕戦の先発投手として登板することが確定した」と述べた。

ドジャースは29日午前5時10分(日本時間)、ドジャースタジアムでアリゾナ・ダイヤモンドバックスと開幕戦を行う。

柳賢振は韓国人メジャーリーガーでは2番目に開幕投手となる。朴賛浩が2001年にドジャースで、2002年にテキサス・レンジャーズで開幕投手を務めた。

柳賢振は「特別な思いだ。(2013年に)米国に来たが、初めての開幕戦の先発となる。考えてもいなかった。優先順位でもなかった」と感激の表情を見せた。

ドジャースではエースのクレイトン・カーショーが2011年から8年連続で開幕投手を務めた。しかしカーショーは先月、左肩を痛めた後、回復が遅れている。新鋭のウォーカー・ビューラーとリッチ・ヒルも開幕投手候補に挙がっていたが、ビューラーはイニング数管理をしていて、ヒルはひざ状態が良くない。

結局、オープン戦で好投してきた柳賢振にチャンスがめぐってきた。柳賢振はオープン戦5試合に登板、15イニングを投げて4失点(自責点3)だった。柳賢振の昨年の成績は7勝3敗、防御率1.97。フルシーズを消化できなかったが、ワールドシリーズに登板して健在を示した。FA資格を得た後、ドジャースのクオリファイングオファーを受け入れ、年俸1790万ドル(約20億円)で1年契約を結んだ。

柳賢振は開幕投手に決まったことで、韓国人メジャーリーグ挑戦史にまた足跡を残すことになった。開幕戦で柳賢振と投げ合うのは、元ドジャースで現在アリゾナのエース、ザック・グレインキーだ。

柳賢振は韓国プロ野球で2007-09年、2011-12年の計5回、開幕投手を経験している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大リーグ>柳賢振、ドジャース開幕投手に…米国進出7年目で快挙

    2019.03.23 11:17
    뉴스 메뉴 보기
    柳賢振(リュ・ヒョンジン)
    TOP