주요 기사 바로가기

<フィギュア>イム・ウンスを負傷させた米選手側「故意性なかった」謝罪

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.22 17:09
0
フィギュア世界選手権大会公式練習途中にイム・ウンス(16、シンヒョン高)を負傷させたマライア・ベル(23、米国)側が謝罪の意を伝えたことが分かった。

大韓スケート連盟によると、国際スケート連盟(ISU)は両国選手団の関係者を招集して20~21日の2日間にわたって会議を進めた。

この席で米国選手団関係者はベルがイム・ウンスにわざと衝突したわけではなかったとし、練習の音楽が始まったため謝罪できなかったと釈明したことが分かった。

大韓スケート連盟は「米国選手団が謝罪の意を伝達した」とし「イム・ウンス選手は所属事務所を通じてこれを受け入れるという意見を表明した」と明らかにした。

これに先立ち、イム・ウンスの所属事務所であるオールザットスポーツは20日、「公式練習の途中にベルがイム・ウンスと衝突し、スケートのブレードの部分でふくらはぎを傷つけた」とし、故意性が多く公式抗議するという立場を明らかにした。オールザットスポーツは「ベルが最近数カ月間、イム・ウンスの練習をわざと妨害し、世界選手権大会出発直前の最終トレーニングの過程でも暴言を吐いた」という内容も加えた。

一方、イム・ウンスは埼玉で開かれているISU世界選手権大会に出場中だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP