주요 기사 바로가기

韓経:「米国を第2の生産基地に」…続々と米国に工場作る韓国企業

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.21 10:06
0
米国に工場を作る韓国企業が大きく増えている。トランプ大統領の保護主義政策を避け最大市場である米国を攻略するための戦略でもあるが、米国の産業界が牽引する技術革新の流れに遅れを取らないための目的も大きい。米国は電気自動車、自動運転車、人工知能(AI)分野の技術と産業革新を主導している。

SKイノベーションは19日、米ジョージア州コマース市で電気自動車用バッテリー工場の起工式を開いた。急成長する米国の電気自動車市場を確保するための前進基地だ。2025年までに16億7000万ドルを投じて年間20ギガワット時規模のバッテリー生産能力を備える計画だ。

LGエレクトロニクスはテネシー州ナッシュビル近郊に建設中の洗濯機工場を来月に完工する。これからは関税を心配せずに現地市場を攻略できるようになる。5月にはロッテケミカルが31億ドルを投じて作ったルイジアナ油化工場を本格稼動する。

ハンファQセルズのジョージア州の太陽電池工場とCJ第一製糖のニュージャージー食品工場は今年初めに完工し試験稼動に入った。サムスン電子サウスカロライナ洗濯機工場、ハンコックタイヤのテネシー工場は昨年完工した。

韓国輸出入銀行によると昨年の韓国企業の対米直接投資額は108億ドルで、3年連続で100億ドルを超えた。

◇トランプ大統領の保護貿易攻勢回避…親企業環境も魅力

韓国企業の米国工場新増設の動きが拡散する中で米国企業の買収合併も増加している。

CJ第一製糖は最近米国の冷凍食品メーカーのシュワンズカンパニーを16億7600万ドルで買収することにした。CJは食品添加物会社のプリノバの買収を推進している。SK総合化学は2017年にテキサス州のエチレンアクリル酸生産工場を3億7000万ドルで買収し、サムスン電子は2016年に80億ドルで自動車電装企業のハーマンを買収した。

韓国企業関係者は「米国は市場自体が大きいだけでなく、トランプ政権になってから規制緩和と大々的な減税など親企業政策を行っており事業拡大を悩まざるをえない」と話した。彼は「保護貿易主義による不確実性が大きくなったのもひとつの要因」と話した。ロス米商務長官は19日に開かれたSKイノベーション電気自動車用バッテリー工場起工式で「SKイノベーションの投資は米国を投資の最適地とするためのわれわれの計画が作動していることを見せてくれる」と話した。

韓国輸出入銀行の統計を見ると韓国企業の対米直接投資額は2016年から毎年100億ドルを上回っている。2012~2015年の年間50億~60億ドル水準から2倍以上に増えた。米国の銀行で直接資金を調達する企業もあり実際の投資額は外国為替取引法に基づく輸出入銀行の集計より多いものと推定される。

米国への直接投資を増やす企業は韓国企業だけでない。米商務省の統計によると昨年の外国人の対米直接投資は平年より多い2770億ドルに達した。

米国が世界の企業を引き込む要因はさまざまだ。世界最大の消費市場であり昨年の成長率は2.9%と景気拡張傾向が10年にわたり続いている。相対的に透明な法・制度を備えているのも強みだ。

起業するのに良い環境は投資を吸い込む要素だ。グローバル人材が集まり、シェール革命でエネルギー価格も大きく下がった。トランプ政権は昨年法人税最高税率を35%から21%に大きく引き下げた。韓国の25%より法人税の最高税率が大幅に下がった。

州政府は投資誘致に向け競争的にインセンティブを与えている。ジョージア州はSKイノベーションの工場に税金減免と敷地提供など投資額の半分に迫るインセンティブを提供したという。

米国が第4次産業革命分野で市場の流れを主導しているという点も韓国を含む海外企業が対米投資を増やす要因に選ばれる。SKイノベーションのキム・ジュン総括社長は「フォルクスワーゲンなど電気自動車を生産する世界の自動車会社はバッテリーメーカーが近くで製品を供給することを望む」と話した。SKイノベーションからバッテリーの供給を受けることにしたフォルクスワーゲンは近くのテネシー州に工場を置いている。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP