주요 기사 바로가기

S&Pの警告「韓国企業の信用度、下落傾向に進入」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.20 08:12
0
国際格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は韓国企業の信用度が当面全般的な下落傾向を持続するだろうと警告した。

S&Pは19日、「格付け下落危険に直面した韓国企業」という報告書を通じ、「韓国企業の信用度が2015年から2017年の3年間にわたる傾向的改善を後にして昨年下半期から緩やかな下落サイクルに入ったとみられる」と明らかにした。

続けて「今後1年間主要韓国企業はさらに拡大した格付け降格のリスクに置かれるだろう」と予想した。

S&Pは主要企業の財務政策が積極的に変わったことがむしろ信用度下方圧力につながった主要因になったと判断した。その上で「主要企業の投資支出増加、配当と自社株買いなど株主還元拡大、持続的な買収合併などがその証拠」と付け加えた。

株主還元拡大などにより現金流出が増え負担として作用するという説明だ。S&Pは「設備投資と配当金支払い、自社株買い規模が大きく増加し、買収・合併が続けば内部営業キャッシュフローを活用して関連支出すべてをまかなうのは困難かもしれない。相当数の企業が借り入れ拡大で不足分を充当するだろう」と予想した。

またS&Pは「貿易紛争と保護貿易の懸念の中で、半導体、スマートフォン、自動車など主要産業のグローバル需要鈍化も負担となる恐れがある。韓国企業の信用度は今後12カ月間下方圧力に直面するだろう」と予想した。

ただ、「韓国企業の全般的に良好な運営効率性と製品競争力などを考慮すれば格付けが急激に下方調整される可能性は大きくない」と付け加えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP