주요 기사 바로가기

【コラム】「金大中執権時代がよかった」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.14 15:42
0
「歴史の審判を受けろ」。それは「被告人全斗煥(チョン・ドゥファン)」に向けた市民の叫びだ。

11日、光州(クァンジュ)地裁周辺の姿だ。このような叱咤と憤怒は見慣れた場面だ。31年間繰り返された風景だ。彼が大統領から退いた後からだ。その時の彼の年齢は57歳(1988年2月)。

彼はそのような状況を「元大統領受難史」と言った。李順子(イ・スンジャ)夫人は「気楽な日がない逆境」と表現した。今回は「路地声明」がなかった。路地とは彼の延禧洞(ヨニドン)の自宅の前。1995年12月、金泳三(キム・ヨンサム)政権の時だ。彼は検察の捜査を拒否した。彼の表情は決意を表した。緊迫感が漂った。側近4人がすぐ後ろに立った。このうち安賢泰(アン・ヒョンテ、元警備室長)、許文道(ホ・ムンド、元統一院長官)の2人は亡くなった。長い歳月が流れた。

そのような気勢は消えた。88歳の老人は急いで車に乗った。光州に行く道だ。夫人(80)がついて行った。資格は信頼関係人。精神健康保護者格だ。

退任後の最初の10年は隔離だ。白潭寺(ベクタムサ)隠退(2年)、監獄(2年1カ月)生活だ。朴槿恵(パク・クネ)政権時代は追徴金執行だ。「全斗煥追徴法」は執拗だった。李順子の回顧は悲痛を込めた。「私たちが尊敬してもてなした朴正熙(パク・ジョンヒ)大統領の娘がそのようにしたことに絶壁の前の衝撃を感じた。検察は次男の離婚した元妻の家まで押しかけた」。

第5共和国出身者は匿名で伝える。「全斗煥元大統領は生涯、義理を重視した。子・親戚・側近に対するむやみな財産差し押さえは彼の受難のうち最も激しい侮辱と苦痛だったはず」。全斗煥式リーダーシップの土台は義理だ。そこには「水滸伝の梁山泊」の雰囲気が漂う。

嘲弄を受けるのは受難の形態だ。「財産29万ウォン」は嫌悪の圧縮だ。全斗煥の光州での言動はそのような感情表出の素材だ。「何なんだ!」。裁判中は眠気が見られた。「光州虐殺主犯のずうずうしさ」という軽蔑があふれた。

「受難史」に反転の部分がある。1998年7月、金大中(キム・デジュン)政権時代だ。金大中は過去の国家元首を夫妻同伴で招請した。出席者は崔圭夏(チェ・ギュハ)、全斗煥、盧泰愚(ノ・テウ)、金泳三(キム・ヨンサム)元大統領だ。彼らの関係は悪縁と曲折でもつれていた。夕食会の途中、金泳三は不満を表した。全斗煥が急いで整理した。気まずい雰囲気がよみがえった。朴智元(パク・ジウォン)議員(当時の青瓦台報道官)が以前に話した言葉だ。「夕食会の後、全元大統領は青瓦台本館を見物させてほしいと言った。彼は1階内部を見回りながら感嘆していた」。その場面は全斗煥のずぶとい闊達さと記憶される。青瓦台(チョンワデ、大統領府)本館は盧泰愚政権当時に建てられた。

金大中はこのように回顧した。「元大統領全員が夕食を一緒にしたのは我々の現代史で初めてだ。私は国民に統合のメッセージを伝えたかった。彼らと国政経験を分かち合いながら国難克服の知恵を得ようとした」 (『金大中自叙伝』)。
【コラム】「金大中執権時代がよかった」(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP