주요 기사 바로가기

「文大統領は金正恩委員長の首席報道官」…韓国党代表演説で国会大波乱

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.12 14:04
0
12日、羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)自由韓国党院内代表の交渉団体代表演説が妨げられた。羅院内代表が「これ以上大韓民国の大統領は金正恩(キム・ジョンウン)の首席報道官という顔が赤くなるような話が耳に入らないようにしてほしい」と言うと共に民主党議員が「何を言っているんだ」と大声を上げて反発した。10人余りはそのまま席を立った。

演説中断は約20分以上続いた。洪永杓(ホン・ヨンピョ)民主党院内代表が壇上に上がって「止めてくれ」と抗議すると韓国党からは鄭容基(チョン・ヨンギ)政策委議長と鄭亮碩(チョン・ヤンソク)院内首席副代表が出た。文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が「発言を続けなさい」と言ったが民主党議員は「止めろ」と言って抗議を止めなかった。その後も混乱はしばらく続いた。「謝罪しろ」と集団連呼するのも目についた。羅院内代表も民主党議員に向かって「なぜこんなことをするのか。演説を最後まで聞いて欲しい」と話したが、混乱は収まらなかった。

事態は文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が取り仕切り、ようやく落ち着いた。文議長は「私の話を聞いてほしい。青瓦台(チョンワデ、大統領府)のスピーカーと言われても耐えた」とし、「どれほど話にならない発言でも耳を傾け、その中に正しい話があるかもしれないと考えるのが民主主義」と話した。続けて「私の考えでは相当な論争になる発言をした」とし、「しかし、それを聞いてどのように処理するのかということで我々の政治をまた成熟させられる」とし、羅院内代表に発言を続けるように言った。

羅院内代表の発言は文在寅(ムン・ジェイン)政府の外交安保政策を批判する過程で出た。羅院内代表は「北朝鮮の非核化ではなく韓半島(朝鮮半島)の非核化が文在寅政府の非核化プランなのか」とし、「我々は2月28日に北朝鮮は核廃棄の意志がないという事実を確認した」と話した。続けて「反米、従北に心酔した人々が導く運動圏外交が韓国の外交を反米、反日に導くのではないかと懸念している」という話も付け加えた。

演説妨害の兆しは演説の序盤から見られた。「韓米間の相互の食い違いが進展している」という内容については民主党から「事大主義。聞く価値があってこそ聞くものだ」などの声が上がった。「社会主義政策が復活している」という演説には「止めろ」という反発が出た。

羅院内代表は同日の交渉団体演説で文在寅政府の経済政策も集中的に批判した。羅院内代表は「漢江(ハンガン)の奇跡の歴史が奇跡のように没落している。苦労して血と汗と涙で積み上げたこの国が無謀で無責任な左派政権によって倒れつつある」と話した。また「雇用に54兆ウォン(約5兆3000億円)を使ったが、結果は19年間で最悪の失業」とし、「雇用を増やしたければ企業を自由にし、国民の財布を厚くさせてあげたければ市場を活性化させなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP