주요 기사 바로가기

BIGBANGのV.IからG-DRAGON、T.O.Pまで…警察署への出入りが頻繁なYGスター

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.07 15:19
0
グループBIGBANG(ビッグバン)のメンバーV.I(イ・スンヨン、29)がソウル江南(カンナム)のクラブ「バーニング・サン」で性接待したという疑惑を受け、警察の聴取を受けるなど苦境に置かれている。6日にはV.Iが運営していた弘大(ホンデ)のクラブ「ラブ・シグナル」の実際の所有者がYGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表という疑惑も提起されたが、韓国の3大芸能企画会社の1社であるYGでとりわけ疑惑が巻き起こるスターが相次ぎ、ファンの反応は芳しくない。

BIGBANGのG-DRAGON(31・クォン・ジヨン)は2011年10月に麻薬類管理に関する法律違反容疑で起訴猶予処分を受けた。検察によるとG-DRAGONは同年5月に日本で一度大麻を吸った容疑を受けた。G-DRAGONは7月に検察で毛髪検査を受けた結果、陽性と判定された。

これについてG-DRAGONは「5月に日本ツアー中に公演会場を訪問した日本の関係者らと飲み会に同席したことがあるが、ファンと推定される若い日本人があいさつしてきてタバコを勧めた。好意に応じるために受け取り2~3回吸ったが普通のタバコの感じとは違うという感じがしてすぐに便器に捨てた記憶がある」と明らかにした。検察は「G-DRAGONは初犯なのに加え二度と大麻を吸わないと深く反省している点を考慮し、起訴猶予処分とした」と説明した。

BIGBANGのメンバー、T.O.P(チェ・スンヒョン、32)は機動警察として服務していた2016年10月、ソウル龍山区(ヨンサング)の自宅で歌手志望の女性A氏と合計4回にわたり大麻を吸った容疑で裁判を受けた。T.O.Pは2017年第1審から懲役10カ月執行猶予2年、追徴金1万2000ウォン(約1200円)を宣告された。A氏は第1審から懲役3年執行猶予4年、保護観察、120時間の薬品治療講義、追徴金87万ウォンを宣告された。

今回の事件によりT.O.Pは強制転役となり、現在は社会服務要員として勤務し、ことし6月に招集解除予定だ。大麻使用摘発当時、T.O.Pは直筆の手紙で「私の大きな過ちにより多くの方々に大きな失望を抱かせ物議を醸したことを、すべての真心を尽くしてお詫び申し上げたい。自分自身に非常にがっかりしている。深く反省する」と謝罪した。

YG傘下のザ・ブラック・ラベルに所属していたラッパー兼音楽プロデューサーのKUSH(キム・ビョンフン、35)は麻薬買収容疑で起訴され懲役5年を求刑された。KUSHは2017年に2回コカイン購入し、1回コカイン購入を図るなど合計7回の麻薬使用容疑を受けている。KUSHは最近所属会社を出て独立会社設立を準備中だと伝えられた。

KUSH側は「公訴の事実をすべて認める」とし、「KUSHは慢性的なパニック障害とうつ病を患い、治療を受け克服しようと努力したが、うつ病は日増しに悪化し不眠症のため眠れなかった。知人の誘惑に負けて犯行を犯した」と説明した。

現在はYGと契約していないパク・ボムはガールズグループ2NE1(トゥエニィワン)として活動中の2010年に国際郵便でアンフェタミン含有製品80錠あまりをゼリー類に混ぜて密搬入しようとしたが、仁川(インチョン)国際空港の税関で摘発され立件猶予処分を受けた。

パク・ボムはあるメディアとのインタビューで「ADD(注意欠陥障害、Attention Deficit Disorder)のため中学・高校の時から薬を飲まなければならなかった。韓国ではあまり知られていない疾患のため合う薬がない」とし、「米国では(アデラルが)私のような病気の治療剤としてよく使われる薬だ。私の無知ために起こったことではあるが、この薬が100%アンフェタミンだと言われもどかしい」と吐露した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BIGBANGのV.IからG-DRAGON、T.O.Pまで…警察署への出入りが頻繁なYGスター

    2019.03.07 15:19
    뉴스 메뉴 보기
    BIGBANGのG-DRAGON(左)とT.O.P(右)
    TOP