주요 기사 바로가기

「韓国、LNG船に依存すればまた受注減少に」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.06 08:46
0
長期不況に陥った韓国造船にまた春が訪れるようだ。韓国は昨年の世界船舶発注量の44.2%を確保し、「受注1位」を7年ぶりに奪還した(クラークソンリサーチ集計)。まだ受注残高では中国より少ないが、中国に奪われた造船覇権を取り戻す勢いだ。最も寄与したのは高付加価値船舶の液化天然ガス(LNG)運搬船。韓国は世界で昨年発注されたLNG船の85%以上を受注した。韓国造船会社の技術力と製品の信頼性が中国を上回った結果だ。しかし懸念の声も聞こえる。LNG船に依存するには韓国造船産業が解決すべき問題が多いからだ。

2月下旬の蔚山(ウルサン)方魚津(バンオジン)はすでに春だった。上がった気温ほど現代重工業のドック(dock、船舶建造設備)では活気が感じられた。長さ330メートルのVLOC(超大型光弾運搬船)の最終作業が行われている岸壁を通過すると第1ドックが見えた。インド企業が注文したLNG-FSRU(浮遊式LNG貯蔵・再気化設備)の巨大な船体が威容を誇る。長さ297メートル、幅48メートルと、サッカー場の3倍の長さだ。LNG-FSRUは運んできたマイナス163度の液体状態のLNGを海上でまた気体にし、パイプラインで陸上に供給する船舶。陸上ターミナルの建設が難しい地域に経済的に天然ガスを供給できる高付加価値製品だ。この船は2700億ウォン(約270億円)で受注した。第3ドックではスイス企業が注文したLNG船の建造が進められている。

LNG船は韓国造船を危機から救った救援投手だ。現代重工業グループは昨年、計163隻・140億ドルの受注で目標(132億ドル)を超過達成した。このうち25隻がLNG船だ。ほかの大手造船企業も同じだ。大宇造船は昨年受注した47隻のうち18隻、サムスン重工業は49隻のうち18隻がLNG船だった。

さらに決定的な要因はエネルギー市場の変化だ。グローバルエネルギー企業シェルは2035年まで世界のLNG需要増加率を平均4%と予想した。主軸はアジアだ。世界LNG輸入国1-5位は日本、韓国、中国、インド、台湾。特に中国は大気質改善努力で過去2年間の輸入増加率が40%にのぼる。供給側ではシェールガスの輸出を増やす米国の役割が大きい。物量も物量だが、運搬距離が遠いからだ。シェールガス輸出港がある米国東部から東アジアまでの路線は、中東-東アジア路線に比べて1.5倍以上長い。こうした要因のためLNG運搬船の受注見通しは楽観的だ。英国造船・海運分析機関クラークソンリサーチはLNG船の発注が増え、2024年には最大100隻に達すると予想した。

こうした楽観論の中でも懸念はある。輸出入銀行海外経済研究所のヤン・ジョンソ研究員が最近発表した報告書「LNG船市況および展望」がそうだ。報告書を要約するとこうだ。「環境規制などのためにLNG生産および需要が増える傾向は事実だが、2011年以降すでに多くの船舶が発注された状態であり、今はむしろ船腹量(貨物積載能力)過剰を心配すべき段階だ。中国の急激な需要増加などで好況という錯視が一時的に生じている」。ヤン研究員に電話でインタビューした。
「韓国、LNG船に依存すればまた受注減少に」(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国、LNG船に依存すればまた受注減少に」(1)

    2019.03.06 08:46
    뉴스 메뉴 보기
    韓国造船は昨年、中国を抑えて受注量1位を奪還した。技術力で世界市場を掌握したLNG運搬船が大きく寄与した。写真は現代重工業が建造して試運転中のLNG船。(写真=現代重工業)
    TOP