주요 기사 바로가기

ハノイ米朝会談決裂の衝撃…金正恩氏、半日操り上げて帰国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.01 13:39
0
前日、米国のドナルド・トランプ大統領との首脳会談で合意を引き出すことに失敗した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が、ベトナム公式親善訪問日程を調整して帰国時間を2日午後から午前に変更した。現地消息筋は1日、「金委員長は当初、2日午後にハノイを出発する予定だった」とし「だが、2日午前に戦争英雄・烈士記念碑とホー・チ・ミン元ベトナム主席の墓に献花する日程だけを消化した後、帰国の途につく」と伝えた。

金委員長は当初、2日午前にベトナム権力序列2、3位のグエン・スアン・フック首相とグエン・ティ・キム・ガン国会議長と会談を行って休息した後、同日午後に出発する予定だった。だが、フック首相、ガン議長との会談日程を1日午後に前倒しした。1日午後に主席宮前で開かれる歓迎式に参加した後、グエン・フー・チョン・ベトナム共産党書記長兼国家主席と両者会談を行う計画だ。

このような日程調整は27~28日ハノイでの2回目の米朝首脳会談で合意を引き出すことができなかったことに伴うものとみられる。北朝鮮はこの日深夜に緊急記者会見を行って会談決裂の責任は自分たちのせいではないと主張した。引き続き、金委員長が一刻も早く帰国して対応策を講じるための日程調整とみられる。

消息筋は「金委員長が執権してから中国を除いて初めての国賓級訪問地がベトナム」としながら「米朝首脳会談がうまく終わっていたなら、ベトナム公式訪問も盛大に行われただろうが、現在の状況は対応策の樹立が優先だと判断したようだ」と伝えた。

金委員長は昨年6月にシンガポールで開かれた1回目の米朝首脳会談の時は実務訪問の形を取った。金委員長の今回のベトナム訪問は北朝鮮最高指導者としては55年ぶりのことなので「公式親善訪問」という名称を使ったが、国賓訪問と同じ礼遇を受ける。金委員長は往路と同じように、復路も中国-ベトナム国境の駅ドンダンまで乗用車で移動した後、列車便で帰国の途につく見込みだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP