주요 기사 바로가기

BIGBANGのV.I所属事務所、朝方に業者呼んで物品破壊を要請

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.02.28 14:36
0
「海外投資家性接待」「バーニング・サン麻薬投薬」疑惑などが大きくなったグループBIGBANGのV.I(ヴィアイ、本名イ・スンヒョン、29)の所属事務所YGエンターテインメントが朝方にメディアクラッシュサービス業者を呼んでいた事実が伝えられて論争が続いている。

28日、朝鮮日報はこの日午前6時35分ごろ、YGエンターテインメント社屋に業者の2トン、1トントラック2台が入り、約2時間にかけてダンボールやトランクなど数十個が車両に載せられたと報道した。

同メディアによると、業者はこれらの物品を積載して京畿道高陽市(キョンギド・コヤンシ)に向けて出発した。高陽市には書類やコンピュータなどを専門的に破壊・破砕(クラッシュ)する工場があるという。

また、業者が作業を始めて約1時間50分後の午前8時43分に車両2台はどちらもYG社屋を離れた。関係者のうち一人は、「ダンボールや紙袋、スーツケースなどがあったが、重さからみてコンピュータのような家電製品もあるようだった」と話した。

作業が行われる間、YGからはスタッフ5人が出てきて周辺の様子を注意深く見ていたと朝鮮日報は伝えた。

クラブ「バーニング・サン」論争の中心にあり、性接待や麻薬投薬などの疑惑を受けている所属歌手が警察に出頭して徹夜の事情聴取を受けている間、クラッシュ業者を呼んで大量の物品破砕を要請したことが伝えられて証拠隠滅を図っているのではないかという非難が起きている。

これに対してYG側は朝鮮日報の電話インタビューに対して「毎月あるいは毎分期別に実施する定期的な文書破砕作業だった」と釈明した。

ソウル地方警察庁広域捜査隊側も朝鮮日報の電話インタビューでYG側の文書破砕作業に対して「YGが文書破砕をすることをどうやって知ることができようか」とし「バーニング・サン事件とYGの間に直接的な関連性が見いだせない状態で文書破砕作業を防ぐ名分はない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BIGBANGのV.I所属事務所、朝方に業者呼んで物品破壊を要請

    2019.02.28 14:36
    뉴스 메뉴 보기
    BIGBANGのV.I
    TOP