주요 기사 바로가기

「正恩氏、ベトナムのサムスン工場訪問か」 日本メディアが報道

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.02.25 13:27
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長2回目の米朝首脳会談場所であるベトナム・ハノイ入りする前に、ベトナム北部にあるサムスンのスマートフォン工場を視察する予定だと産経新聞が24日、報じた。

産経新聞は匿名のベトナム政府高官話を引用し、金委員長が26日、ベトナムのバクニン省ハイフォンにあるサムスン電子スマートフォン第1工場を視察する予定だと伝えた。

同紙は金委員長がハイフォンにあるベトナムの自動車メーカー工場を視察してベトナム代表観光地のハロン湾に立ち寄る計画もあると伝えた。ハイフォンにはベトナム初の完成車メーカー「VINFAST」の生産工場がある。

一方、金委員長が乗った専用列車は24日午後1時ごろ、中国の天津駅を通過したことが分かった。この列車は北京南東にある天津を通過して広州、南寧を経てベトナム・ランソン省のドンダン駅に向かうものとみられる。

これに先立ち、朝鮮中央通信は労働新聞など北朝鮮官営メディアは24日、「金正恩国務委員長が23日午後、平壌(ピョンヤン)駅から専用列車を乗って出発した」と報道した。トランプ大統領と金委員長の2回目の首脳会談は27日から28日まで1泊2日間、ベトナム・ハノイで開かれる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP