주요 기사 바로가기

韓国で1分に33台売れたスイッチ、任天堂の復活導いた(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.02.20 11:22
0
3人の子供のパパであるキムさん(41)は毎晩深夜12時を過ぎるとベッドの上にうつ伏せになり、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ、以下スイッチ)をつける。子供達が寝ている合間にゲームをするためだ。最近楽しんでいるゲームは「ディアブロ3」と「ゼルダの伝説:ブレス・オブ・ザ・ワイルド」だ。両方ともキムさんが十数年前の大学生時代にシリーズ前作を楽しんだ思い出のゲームだ。キムさんは「スマートフォン・ゲームはレベルを上げるには多くの時間を費やさなければならず課金を誘導するため興味を失った」とし、「スイッチは子供の頃のアーケード・ゲーム機のように自分がやりたい時にやり、保存して後から続きをやることもできるし、ゲーム自体も難しくないから良い」と話した。

スイッチを入れた任天堂が世界のゲーム市場を揺るがしている。先月31日に任天堂が公開した実績によると2018年末基準でスイッチの累積販売台数は3227万台という集計結果が出た。2017年3月の発売後に1年9カ月間で記録した販売量だ。算術的に計算すれば1分に約33.5台という具合で売れたわけだ。スイッチ用ゲームのソフトウェアは同期間で1億6361万個が売れた。米国市場調査企業NPDグループは「スイッチは昨年北米市場で最も多く販売されたコンシューマであり2015年のソニーのプレーステーション4以降のあらゆるハードウェア・プラットホームの中で最も高い年間売上げを記録した」と明らかにした。

コンシューマ・ゲームの不毛地とされる韓国でもスイッチへの反応が熱い。主要販売チャンネルのイーマートで昨年のゲーム売上げ全体の51%をスイッチが占めた。ロッテマートでもスイッチの前年比売上げが40.8%増えた。韓国コンテンツ振興院が発刊した『2018大韓民国ゲーム白書』によると国内コンシューマ・ゲーム市場規模は2016年の2627億ウォン(約259億円)から2017年には3734億ウォンに42.2%増加した。白書は2017年12月に韓国で発売されたスイッチが1カ月間で11万台以上販売され、関連ソフトウェアも同時に人気を博し、コンシューマ・ゲーム市場の拡大を牽引したと分析した。

任天堂は2000年代中後半に携帯用ゲーム機の任天堂DSとコンシューマ・ゲーム機のWiiをグローバル市場でそれぞれ1億台以上売上げ、世界IT業界の「革新のアイコン」とされた。李明博(イ・ミョンバク)元大統領が「韓国は任天堂のようなものを開発できないのか」と叱責し、いわゆる「明天堂(ミョンテンドウ)」と呼ばれる韓国製ゲーム機が作られたこともある。

しかし、2010年代に入りスマートフォンのモバイル・ゲーム中心にゲーム産業が再編され、不振の沼に陥った。2011年には上場から初めての赤字を出した。翌年、Wiiの後続モデルであるWii Uを発売し逆転を試みたが、販売台数1300万台に留まり3年間赤字が続いた。ソニーのプレーステーション4とマイクロソフト(MS)のXbox One(エックスボックス・ワン)が支配するコンシューマ市場で存在感はますます弱まった。2008年6月に6万3800円で最高値をつけた株価は8060円まで下落し、2015年まで1万円前後を行き来し、不振を免れなかった。

盛りの過ぎた企業扱いされた任天堂は2016年にモバイル・ゲーム「Pokemon GO」を世界的にヒットさせ、復活ののろしを上げた。翌年、Wii Uの失敗を反面教師にして発売したスイッチは任天堂を再びグローバル・ゲーム強者へと派手に復活させた。
韓国で1分に33台売れたスイッチ、任天堂の復活導いた(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国で1分に33台売れたスイッチ、任天堂の復活導いた(1)

    2019.02.20 11:22
    뉴스 메뉴 보기
    ニンテンドースイッチ(写真=任天堂コリア)
    TOP