주요 기사 바로가기

黄教安元首相「韓国の国民は拠り所・情熱・自信を失った…朴正熙精神が切実」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.02.10 12:27
0
自由韓国党の次期党代表候補の黄教安(ファン・ギョアン)元首相が9日、「(朴正熙元大統領が逝去して)39年が過ぎたいま、大韓民国の国民は拠り所を失い、情熱を失い、自信を失った。奇跡の歴史が消されて挫折の歴史が書かれている。朴正熙精神が再び切実な理由だ」と明らかにした。

黄元首相はこの日午前、慶尚北道亀尾(キョンサンブクド・クミ)の朴正熙元大統領生家を訪問した後にフェイスブックに上げた文で、「朴正熙大統領が逝去してすでに39年という歳月が流れた。だがいまでもみんなの尊敬を受け国民統合の指導者として生きている」と話した。

黄元首相は「朴大統領の力は何か。そのリーダーシップの本質は何か。じっくりと記憶しまた考えてみた。朴正熙大統領のリーダーシップは韓国の置かれた状況を正確に読み取り、どのように大韓民国が独自生存力を持って未来を開拓できるかを洞察した」とした。

続けて「国民は朴正熙大統領の情熱を見つめながら、大韓民国国民としての使命もともに見た。農夫と大統領、大人と子ども、男と女。国民みんながひとつになって農路を磨き、道路を敷いて、電気を灯した」とした。

黄元首相は「『大韓民国が国際社会の堂々とした主役になれる』『良い暮らしをしよう、良い暮らしをしよう、私たちも一度良い暮らしをしてみよう』。私たちは川のように曲がりくねる朴正熙精神を共有し共同体を育て国を発展させてきた。祖国近代化の情熱を記憶し再び、ともに大韓民国の再跳躍を約束する」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP