주요 기사 바로가기

韓経:日本政府「自衛隊護衛艦いずも、釜山寄港見送る」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.02.06 11:02
0
日本政府は5日「哨戒機威嚇飛行-レーダー照射問題」に関する措置で韓国に海上自衛隊護衛艦「いずも」を派遣する計画を見送った。

共同通信によると防衛省は今春に計画していた「いずも」の韓国寄港を見送ると発表した。

防衛省は4~5月に韓国で開かれる多国間の海上共同訓練に合わせて釜山(プサン)港に「いずも」など護衛艦数隻を派遣する計画だった。

「いずも」は軽空母級ヘリコプター搭載護衛艦で、日本政府は昨年末に発表した長期防衛戦略「防衛計画の大綱(防衛概要)」でこれを戦闘機離着陸が可能な航空母艦に改修する計画を明らかにした。

多国間海上共同訓練は韓国で開かれる東南アジア国家連合(ASEAN)拡大国防長官会議(ADMM-Plus)に合わせて開かれる計画だ。

防衛省は護衛艦は派遣しないものの訓練自体には参加する計画だ。

防衛省関係者は「日韓関係が建設的に前進するような方向で対応することが重要」だとし、「検討の結果、今般(護衛艦派遣の見送り)の対応が最も適切だと判断した」と話した。

韓国軍はこれに先立ち先月27日、今月中に計画していた海軍第1艦隊司令官の訪日を無期限延期した。

これに関し、韓国軍は「部隊の日程上の都合のため順延されたもので最近の韓日問題とは関連ない」と説明した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP