주요 기사 바로가기

BIGBANGのV.I「クラブの経営と運営は私の役割ではない…被害者に謝罪」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.02.04 09:26
0
BIGBANGのV.I(ヴィアイ)がついに口を開いた。

V.Iは2日、自身のSNSに掲載した「バーニングサン事態」に関連した長文のコメントを通じて、現在の心境とあわせて謝罪の意を伝えた。事件が伝えられてから6日ぶりとなる立場表明だ。

「私に関係した最近の事件と論争によって不快に思われたりご心配をお掛けしたすべての方々に心から頭を下げてお詫び申し上げる」とコメントを始めたV.Iは「今回の事件によってここ数日間、耐え難い悪夢のような時間を過ごし、どのような言葉をどこからどう始めるべきかとても心が落ち着かなかった」と吐露した。

V.Iは「事実関係が不明な内容が雪だるま式に大きくなる状況で、中途半端な説明はかえって大きな誤解になりかねないという周辺の引き止めと多くの悩みで公式釈明と謝罪が遅れた点について本当に申し訳なく思っている」と強調した。

問題になった事件と自身との関連性、そしてバーニングサンと自身との関係性について手短に説明したV.Iは「マスコミを通じて当時の状況が収められた映像を初めて見ることになり、私も大きな衝撃を受けた。いかなる場合にも暴力は正当化されることはできず、今回のことで傷ついた被害者の方にはこの場を借りて心からお詫びを申し上げる。一日も早く心身の傷が癒えるように願っている」と明らかにした。

続いて「私が初めてクラブに関与することになった契機はBIGBANGの活動がしばらく中断されてソロ活動を始めることになったときで、ソロ活動以外の時間を使っていつでも思い切り音楽をかけることができる場所として、私がやってみたかったDJ活動を併行したいという単純な気持ちだった。ちょうどよい契機があり、広報を担当するクラブの社内取締役を引き受けることになり、芸能人なので対外的にクラブを知らせる役割を担当した」とし「実質的なクラブの経営と運営は私の役割ではなく、初めから関与していなかった」と断言した。

また、クラブをめぐるさまざまな疑惑に対しても「暴行事件イシューが、最近、麻薬や薬物関連のマスコミ報道につながっている。これを直接見たことも聞いたこともなかったので、捜査に積極的に協力して、徹底した調査を通じて真相究明とともに、罪があるなら厳重な処罰があれば思っている。当時、社内取締役を務めていた私にも責任を負うべきことがあればすべての責任を負う」と確答した。

最後にV.Iは「今回のことを経験しながら、有名人の責任と態度に対して今一度大きく悔いて気づくことになった」とし「今回のことによってご心配をお掛けしたすべての方々に重ねて心からお詫び申し上げ、さらに成熟して思慮深い姿をお見せできるように努力したい」と繰り返し謝った。

一方、「バーニングサン事態」と呼ばれている今回の問題は「クラブのガードマンと警察から暴行を受けた」と主張したキムさんによって触発された。該当事件を初めて告発したキムさんは先月14日、あるオンラインコミュニティに「クラブのガードマンから暴行を受けたが、加害者になった」という書き込みを残し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民掲示板には「警察官がバーニングサンでわいろをもらっているかどうか調査してほしい」という投稿を載せて警察とクラブ間の癒着疑惑を提起した。

これは28日、MBC(文化放送)のニュースを通じて大々的に公式報道されて国民的な関心事に浮上し、この過程でバーニングサンがV.Iが代表取締役として運営していたクラブということが改めて取り上げられて社会的な波紋が広がった。その後、YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク会長が代表として公式立場を発表したが事態はすぐには収拾しなかった。そして2日、V.Iの妹が高画質の監視カメラ編集映像を共有したり、V.Iの父親とキムさんを「セクハラ被疑者」として告発した女性Aさんがメディアのインタビューを通じてV.Iとバーニングサンを擁護したりながら大衆の意見も入り乱れていた状況だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BIGBANGのV.I「クラブの経営と運営は私の役割ではない…被害者に謝罪」

    2019.02.04 09:26
    뉴스 메뉴 보기
    BIGBANGのV.I
    TOP