주요 기사 바로가기

ビーガン特別代表、「在韓米軍撤退、議論の対象ではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.02.01 09:39
0
スティーブン・ビーガン米国務部対北朝鮮政策特別代表は朝米交渉に関し、在韓米軍撤退問題は議論の対象ではないという立場を明らかにした。

31日(現地時間)のAFP通信の報道によるとビーガン代表は同日カリフォルニア州パロアルトのスタンフォード大学で行われた講演で関連質問を受け、このように答えた。

ビーガン代表は「このようなトレードオフ(取り引き)を提案する如何なる外交的議論にも関与しない」とし、「それは全く議論されていない」と伝えた。

米国側の実務交渉責任者であるビーガン代表のこのような発言は北朝鮮非核化の相応措置と関連して一部で議論されている「在韓米軍撤退論」は議論対象ではないという意味だと解釈される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP