주요 기사 바로가기

2019世界500大ブランド1位はアマゾン、5位サムスン…日本企業は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.30 10:06
0
サムスンがグローバルブランド評価機関ブランドファイナンスが選定した「2019年世界500大ブランド」で5位になった。これは昨年より一つ低い。

ブランドファイナンスによると、サムスンの2019年のブランド価値は昨年より1.1%低い912億8200万ドル(約1029兆ウォン、約100兆円)だった。アジア企業では最も順位が高い。

「世界500大台ブランド」は企業のグローバルブランド価値を評価する公信力のある指標で、ブランド競争力指標(BSI)、ブランド忠誠度、マーケティング投資などの厳格な選定基準を総合して評価される。

これはグローバル企業の総合的な競争力を証明するだけでなく、企業のブランド価値が世界的に認められたという意味があり、毎年注目されている。

アマゾンがブランド価値を昨年より24.6%も高めた1879億500万ドルで1位を守り、アップルは昨年比5.0%上昇の1536億3400万ドルで2位だった。グーグルはブランド価値が18.1%も上がったが、1427億5500万ドルで昨年と同じ3位。

米通信企業AT&Tが870億500万ドルで6位で、フェイスブック、中国工商銀行、ベライゾン、中国建設銀行が7-10位だった。

上位20大企業を見ると、中国が昨年の6社から2019年には半分近い9社に増え、米国は昨年の9社から今年は8社に減った。韓国とドイツは昨年と同じく1社で、日本は昨年の2社から1社に減った。

しかし500大企業ブランド価値を国別に見ると、米国が全体ブランド価値の45.4%を占めて1位、中国が19.0%で2位、日本が6.1%で3位だった。続いてドイツ(5.8%)、フランス(4.5%)、英国(3.3%)の順だった。

韓国企業はサムスンを含む10社が500大企業に入ったが、ブランド価値の合計はその他の国(15.8%)に分類されて順位に含まれなかった。韓国企業の順位をみると、上位100大企業には現代自動車(79位、昨年より1つ下落)、LG(91位、昨年より4つ下落)が入った。SKが158位、SKハイニックスが128位(昨年343位)で、CJ、斗山、新韓金融グループ、ロッテ、KB金融グループが500位内に含まれた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP