주요 기사 바로가기

<アジア杯>柴崎に手を出したアズムン「恥ずかしく申し訳ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.29 14:38
0
イラン代表のFWサルダル・アズムン(ルビン・カザン)が試合中に日本代表のMF柴崎岳(ヘタフェ)の頬に手を出した行動について謝罪の意を表した。

イランは29日午後11時(日本時間)、アラブ首長国連邦(UAE)ハッザーア・ビン・ザーイド・スタジアムで行われた2019アジアサッカー連盟(AFC)アジアカップ準決勝で日本に0-3で完敗した。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングが29位と、出場24カ国のうち最も高いイランの完敗は衝撃的だった。日本も優勝候補だが、客観的な戦力でイランの優位が予想されていた。

イランはグループリーグと16強戦、8強戦までの計5試合で失点がなかった。しかし試合が後半に入ると集中力を失い、3失点した。

決勝進出を逃したイランは試合に敗れただけでなくマナーもなかった。後半ロスタイムにイランのFWアズムンはボールを競り合った日本の柴崎岳の顔を押した。このためイランと日本の選手はもみ合いとなった。日本の主将・吉田麻也はアズムンを駆け寄った。また、イランはエフサン・ハジサフィが日本の長友佑都を強く押した。

審判はアズムンに警告を与えた。アズムンはSNSで「恥ずかしく、本当に申し訳ない」と柴崎に謝罪の意を伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP