주요 기사 바로가기

世界の製造業牽引する「灯台工場」16カ所のうち韓国企業はなく

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.28 09:38
0
世界的コンサルティンググループのマッキンゼー&カンパニーと世界経済フォーラム(WEF)が世界の製造業の変化を牽引する「灯台工場」(lighthouse factories)16カ所を選定した。第4次産業革命の核心技術を積極的に導入した「賢い」工場で、灯台のように製造業の未来を案内しているというのがマッキンゼーの説明だ。

16カ所の灯台工場のうち9カ所は欧州、5カ所は中国、2カ所はそれぞれ米国とサウジアラビアに位置している。運営企業の国籍別ではドイツが5カ所で最も多く、米国が3カ所で後に続いた。中国、台湾、フランス、イタリア、デンマーク、スウェーデン、インド、サウジアラビアがそれぞれ1カ所だ。韓国企業はない。

マッキンゼーによるとこれら灯台工場は生産システムを変化させ労働者が少なく反復的ながらもさらに興味深く生産的に働くよう誘導する。自社の現在のインフラを最適化し、設備交替を最小化して効果を最大化する。学界やスタートアップなどとともに「革新生態系」を構築し、第4次産業技術の融合を追求する。これを通じて製造業の変化を牽引する3大トレンドである▽連結性(connectivity)▽知能化(intelligence) ▽柔軟な自動化(flexible automation)を大規模に適用するのに成功したというのがこれらの特徴だ。

マッキンゼーとWEF、主要外信などによると、これら工場はモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、ビッグデータなど先端情報技術(IT)を生産現場に組み合わせた。

中国・成都にあるシーメンスのスマート工場が代表的だ。すべての部品と材料・製品には一連番号が付けられ、それぞれの生産設備にはセンサーと測定装置が取り付けられた。これを通じて数千万個の情報を互いにやりとりし工場が自ら作業する。おかげでひとつの生産ラインで100種類以上の製品を生産し、不良率は0.001%にすぎない。

ロルドのイタリア工場は従業員数250人ほどの中小企業だが、「灯台工場」のタイトルを獲得した。洗濯機ドア開閉装置を生産するこの工場ではデジタルダッシュボードで工場に投入された生産資源をリアルタイムでモニタリングし、IoT機器で収集したデータをベースに費用を推定する。問題が生じれば管理者のスマートウォッチでリアルタイムにアラームを送る。顧客にも自動注文と管理サービスを提供する。

米P&Gのチェコ工場もタッチスクリーンにリアルタイムで核心成果指標を表示し、成果が落ちる原因をその場ですぐ捕捉できるシステムを構築した。リアルタイムで工程中の品質管理が可能だ。プラハにある主要大学やスタートアップと協力し、これらが工場に来てともに働くようにした。

世界最大の石油企業であるサウジアラビアのアラムコは空にドローンを飛ばして石油生産プラント各所に散在しているパイプラインと機械類を検査する。ここにカメラとセンサーなどを装備した「デジタルヘルメット」のようなウェアラブル技術を活用して検査時間を90%縮小した。3Dプリンティング会社である米ファーストラディウスはUPSと組んで注文製作型3Dプリントサービスを立ち上げた。顧客が製作を注文すれば設計図が最も近い3Dプリント店舗に転送される。その後その店舗で3D製品を作り、顧客はUPSを通じてこれを受け取る。

独バイエルのイタリア工場はソフトウェアで現実世界を具現する「デジタルツイン」を活用して製造工程、時間、動線などを最適化し、問題点を事前に把握して品質改善に活用した。切削工具専門企業であるスウェーデンのサンドビック・コロマントは工程の運営計画から加工・物流・消費までビッグデータを構築し、これを基に自動化工程を最適化した。蓄積されたビッグデータは工程を確認し品質を管理するのに活用する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP