주요 기사 바로가기

韓国国防部、日本の「証拠写真」反論に「では日本が相応する資料出すべき」

ⓒ 中央日報日本語版2019.01.25 13:16
0
韓国国防部が最近論争になっている日本哨戒機の低空威嚇飛行事案をめぐり「そろそろ日本が相応する資料を出すべきだ」と明らかにした。

国防部報道官は25日の記者懇談会で、「首相官邸のある幹部が前日公開された写真は証拠にならないと話した日本メディアの報道に対する立場」について質問を受けて「では日本側がそれに相応する資料を出すべきだ」と25日、明らかにした。

国防部は24日、日本海上自衛隊哨戒機「P-3」が23日に南海(ナムへ)の離於島(イオド)で韓国海軍の駆逐艦「大祚栄(テジョヨン)」周辺を低高度で威嚇飛行した場面などが撮影された5枚の写真を提示した。この中には、哨戒機の距離が約540メートル、高度約60~70メートルという情報が表示された大祚栄のレーダーデータ写真も含まれている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP