주요 기사 바로가기

韓経:韓日議員連盟会長「韓日政治葛藤の長期化、民間・経済協力に影響を与えるべきでない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.25 08:51
0
「韓日間の政治的葛藤が長期化して民間交流と経済協力に影響を与えるようなことが起こってはいけません」

韓日議員連盟会長である姜昌一(カン・チャンイル)共に民主党議員は「周期的に葛藤が繰り返されているが、誰のためにも望ましくない」と述べた。

姜議員は「韓国と日本はすでに切っても切れない関係」とし「両国が共に利益を最大化する方案を探さなければならない」と強調した。

姜議員は今月初めに韓日議員連盟所属議員11人と共に日本を訪れた。在日同胞団体である在日本大韓民国民団(民団)の新年会に参加するためだった。悪化一路の韓日関係の解決方法を探るという目的もあった。東京のあるホテルで開かれた民団行事には額賀福志郎会長など日韓議員連盟幹部も参加した。

姜議員は「両国議員同士、難しい中ではあるが知恵を集めて困難を解決しようという共感を確認した」と話した。大法院の日帝強制徴用賠償判決に関連しては「日本に韓国司法府の判断を尊重するべきだという意を伝えた」と述べた。「韓国政府が問題を解決するための代案を模索しているので日本もこれを感情的に受け入れてはいけないという話もした」と付け加えた。

姜議員は「両国ともに冷静で落ち着いた態度を維持しなければならない」と話した。今年100周年を迎える三一節行事などを勘案する時、短期間に関係を正常化することは難しいが、葛藤が増幅されないように状況を管理する必要があると説明した。

姜議員は引き続き「韓日葛藤が繰り返されないようにするにはこれを政治的に利用しようとする考えを捨てるべきだ」と指摘した。過去のように政治的意図を持って反韓・反日感情をあおろうとする試みがあってはいけないという意味だ。

姜議員は「昨年、韓日人的交流が1000万人を越えるほどファンダメンタルズは固かった」とし「これを発展させて未来志向関係へ一次元アップグレードしなければならない」と強調した。特に、北朝鮮非核化を通した韓半島(朝鮮半島)の恒久的平和定着のためには共助が必須だと述べた。姜議員は「今の葛藤は誰にとっても何の足しにもならない」とし「易地思之(相手の立場で考える)という姿勢で両国が政治力を発揮しなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:韓日議員連盟会長「韓日政治葛藤の長期化、民間・経済協力に影響を与えるべきでない」

    2019.01.25 08:51
    뉴스 메뉴 보기
    韓日議員連盟会長の姜昌一議員
    TOP