주요 기사 바로가기

韓国、日本人の「好感度低い国」3番目

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.21 17:33
0
日本人は近隣国のうち北朝鮮を最も嫌っていることが分かった。

21日の日本経済新聞によると、日経リサーチが昨年10-11月に全国18歳以上の1673人を対象に郵送世論調査を実施した結果、北朝鮮を「嫌い」または「どちらかといえば嫌い」と答えた人は計82%だった。

同紙は「北朝鮮は米国と非核化交渉の動きをみせるが、核・ミサイル開発の脅威は消えていない」と理由を説明した。

次に好感度が低い国は中国で、76%が否定的な回答をした。日本では中国による南シナ海の軍事拠点化や、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺への中国公船の侵入などが外交問題となっている。

今回の調査で韓国に否定的な印象を持つ人は61%だった。年齢が高いほど「嫌い」という回答比率が増加する傾向があるが、60代ではその比率が7割にのぼった。

ロシアに対しても否定的な回答が6割ほどだった。日本とロシアの間ではクリル4島(日本名・北方領土)をめぐる領土紛争がある。

日本人は英国や豪州に対してはそれぞれ72%が「好き」「どちらかといえば好き」と答え、米国に対しては67%が肯定的な回答をした。

また、日本の機関・団体・公職のうち信頼できるところは自衛隊が約6割で最も高かった。

一方、今回の調査で70歳を過ぎても働く意思があると答えた人は全体の3割ほどだった。60代に回答者を限定すると45%に達した。何歳まで働くつもりかという質問では全体の平均が66.6歳だった。老後に不安を感じるという回答は77%だった。

老後に向けた準備は「生活費など資金計画」(46%、複数回答)、「健康づくりなど予防活動」(41%)、「具体的な貯蓄・資産運用」(33%)の順に多かった。

いま幸福かどうかを10点満点で尋ねた結果、平均は6.4点だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP