주요 기사 바로가기

映画『金子文子と朴烈』の意味のある日本公開、女優チェ・ヒソが現地インタビューに意欲

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.01.18 13:58
0
韓国映画『金子文子と朴烈(パク・ヨル)』(イ・ジュンイク監督)が日本公開を確定させた。2月16日、東京や大阪など日本の主要都市で同時公開される。

同作は1923年、東京の朝鮮人6000人虐殺事実を隠そうとする日帝に真っ向から対抗した朝鮮最高の不良青年・朴烈(イ・ジェフン扮)と彼の同志であり恋人の金子文子(チェ・ヒソ扮)の信じがたい実話を描いた映画だ。

同作の日本上映は韓国の歴史に非常に鼓舞的な出来事だ。日本の侵略によって苦痛を受けた大韓民国の痛恨の歴史を知らせるだけではなく、帝国主義日本の弾圧に反旗を翻して共に闘争した日本人が存在したという事実を日本の大衆に知らせる良い機会でもある。

実際、イ・ジュンイク監督の徹底した考証を経た同作のすべての登場人物は、実在人物の実名を使った。その中で、布施辰治と金子文子は日本人であるにもかかわらず、大韓民国の独立のために共に闘争した業績を認められて大韓民国建国勲章を授与を受けた。

特に、劇中で朴烈の信念の同志であり恋人である文子役を演じた女優チェ・ヒソは、朝鮮の独立に対抗して闘争する、進取的でさっぱりとした性格の文子を完ぺきに演じこなし、韓国銀幕界に一大センセーションを巻き起こした。

流ちょうな日本語の実力と迫真の演技、完ぺきなキャラクター消化力で「文子の生まれ変わり」と言われるほどの好評で、あらゆる授賞式の新人賞を総なめしたのはもちろん、第55回大鐘賞映画祭と第38回黄金撮影賞では主演女優賞まで獲得した。チェ・ヒソは同映画で2017年から2018年まで13冠という前例のない大記録を立てた。

一方、チェ・ヒソは1月中旬から末まで日本現地でインタビュー日程をこなし、日本公開に先立ち広報に専念する予定だ。現在、『金子文子と朴烈』に日本メディアが非常に関心を向けているという。20社を超えるメディアからのインタビューが殺到している状況で、チェ・ヒソは「オファーのあるすべてのメディアとのインタビューを消化する」とし、日本の広報に向けて意欲的に準備に臨んでいる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    映画『金子文子と朴烈』の意味のある日本公開、女優チェ・ヒソが現地インタビューに意欲

    2019.01.18 13:58
    뉴스 메뉴 보기
    映画『金子文子と朴烈(パク・ヨル)』の日本版ポスター
    TOP