주요 기사 바로가기

K-POPの記録塗りかえるBLACKPINK…ネクストBTSなるか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.18 10:14
0
「ネクスト防弾少年団(BTS)はガールズグループの中から誕生するだろう」。

この1年間、国内外の音楽評論家が口をそろえて言っていたことだ。SEVENTEEN(セブンティーン)、MONSTA X(モンスタ・エックス)、GOT7(ガットセブン)など2~3年前からワールドツアーに出て海外ファンダムを確立しているボーイズグループが増えているが、より新しいものを追求する音楽市場の特性上ガールズグループに注目する人々が多いだろうという意味だ。2019年を迎えて半月余り過ぎた今、その話は現実になりつつある。

BLACKPINK(ブラックピンク)はことしに入って既存のK-POPが持っていた記録を次々に塗りかえた。『DDU-DU DDU-DU』のミュージックビデオは13日、公開から7カ月で再生回数6億回を越え、K-POP最短記録を塗り替えた。これはその4日前に6億回を突破した防弾少年団の『DNA』より9カ月ほど早い記録だ。2016年6月に発表したデビュー曲『BOOMBAYAH』(4.6億回)と2017年6月に発表したシングル『最後のように(AS IF IT'S YOUR LAST)』(4.8億回)も5億回突破を目前にしている。

Youtube(ユーチューブ)チャンネル「BLACKPINK」の購読者数も1700万人を越えた。昨年8月に防弾少年団のチャンネル『防弾TV』(1400万人)と並んで1000万人を突破してダイヤモンド・ボタンを送られてからより一層急激な成長を見せている。防弾少年団はミュージックビデオなど公式コンテンツが所属会社のチャンネルを通じて公開されるため「ibighit」(2000万人)の購読者数の方が多い反面、YGエンターテインメントはグループ別チャンネルを中心に運営しているため所属会社のチャンネル購読者数は430万人程度で規模がはるかに小さい。

チャンネル照会数の一番の功労者はミュージックビデオと練習室で撮影した振りつけ映像だ。ベトナム・タイ・インドネシアなどを中心に流行している、公共の場所でカバーダンスを披露する「K-POP・イン・パブリック・チャレンジ(Kpop in public challenge)」に参加するには該当曲の振りつけを習うことが必須だからだ。「アイドル・チャレンジ」(防弾少年団)や「ベビーシャーク・チャレンジ」(ピンクポン)のように特定の振りつけのカバーが流行する場合もあるが全体をカバーする場合はガールズグループの方が多い。

おかげで『DDU-DU DDU-DU』『最後のように』『BOOMBAYAH』などの振りつけ映像の再生回数も1億回を越えた。カバーダンスがK-POPファンの間で重要な遊び文化として位置を確立し、ファンがダンスチームを結成して活動したりもしている。ベトナムのGUNダンスチームがアップロードした『DDU-DU DDU-DU』のカバーダンス映像は再生回数が1700万回に及ぶほどだ。

Youtube音楽チャートや統計資料とも一致する。この1年間、BLACKPINKの音楽の再生回数は28億回に及ぶ。国家別にみると、インドネシア・タイ・フィリピン・ベトナム・韓国の順だ。タイ出身のメンバー、リサを中心に東南アジアで旋風的な人気を呼んでいるのだ。それに勢いを得て12~13日にタイ・バンコクで初のワールドツアーの火ぶたを切ったBLACKPINKは両日とも売り切れ、11日に追加公演も開くことにした。一方、1年間で54億回が再生された防弾少年団は米国・ベトナム・インドネシア・日本・メキシコの順で各地域に万遍ない分布を見せている。
K-POPの記録塗りかえるBLACKPINK…ネクストBTSなるか(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    K-POPの記録塗りかえるBLACKPINK…ネクストBTSなるか(1)

    2019.01.18 10:14
    뉴스 메뉴 보기
    BLACKPINK
    TOP