주요 기사 바로가기

韓国人口1位の50代、老後の貧困が危ぶまれる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.15 10:59
0
ソウル城東区(ソンドング)のキムさん(50)は大企業に務める夫(52)との共稼ぎで1200万ウォン(約115万円)の月収がある。だが、税金や住宅ローン、保険料などを差し引くと700万~800万ウォンが手元に残る。ここからさらに子ども(中2、高1)の塾の費用として200万ウォン以上が消える。さらに、70~80代に入った双方の両親のお小遣と病院費も少なからず出て行く。キムさんは「これでもかなり収入はあるほうだが、ある時は慶弔費に出す現金が足りなくなる場合もある」とし「夫が途中で退職したり賃金ピーク制に入ったりする前に老後に向けて少しずつ準備しておかなくてはならないと考えはしているが、実際はマンションを除いて特に準備しているものはない」と話した。

50代は「狭間世代」だ。このような50代が韓国の人口で1位になった。14日、行政安全部が公開した「2018年住民登録人口」によると、50代が861万5884人で1年で12万5680人増えた。全体人口(5182万6059人)の16.6%を占める。2008~2017年には40代が最も多かったが、10年で40代を追い越した。1971年まで年に新生児が100万人を越えていたが、その後は減少し続け、50代が最も多い世代となった。出生率の変化で92~97年には20代が、98~2007年には30代が最も多く、今や50代が20~40代を圧倒する時代になった。

キムさんは自らを「新・心配層」と呼ぶ。この用語に50代の現状が圧縮されている。50代が韓国社会の主力になったが、ただ拍手ばかりはできない状況だ。50代は華やかだ。50代は世帯所得が7292万ウォン(2017年)で全年齢帯を通して最も高い(韓国銀行資料)。会社や事業がピークを迎えると同時にこれに所得がついてくる。資産も4億8021万ウォン(昨年3月基準)で最も多い。

だが、外華内貧(表面は派手だが内実は貧しい)だ。勤労所得は40代より少なく、世帯支出と負債が40代に劣らず高い。

ソウル大学保健大学院のチョ・ヨンテ教授は「韓国では50代が最も費用がかかる時だ。子どもたちの学費、結婚費用など多額のお金が必要になる」と話した。ところが50代は55歳ごろに主要な職場から引退する。韓国銀行のソ・ユジョン統計調査チーム長は「50代の場合、名誉退職や賃金ピーク制施行などで所得が減ったり失職などの理由で所得が急減する」と話した。

未来アセットのキム・ギョンロク引退研究所長は50代を「10年後の貧困危険世代」と呼んでいる。キム所長は「50代半ばに主な職場から押し出された後、第2の雇用を捉えても所得が半分に落ちる。このような50代が増え続けると予想されるが、国家的にしっかりと対処しなければ10年後の老後破産につながり、国と未来世代の負担として跳ね返ってくる」と説明した。チョ教授は「子どもの結婚式を簡素化するなど50代が自ら支出を減らし、政府が定年(満60歳)を延長する形で対処しなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP