주요 기사 바로가기

韓国を襲った最悪のPM2.5…南大門零細商人「売り上げ半分に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.15 09:02
0
D(Dust)の恐怖が韓国を襲った。Dが襲った現場を取材した。

「売り上げが半分に落ちた」。14日午前、ソウル南大門市場(ナムデムンシジャン)で会ったキム・ジョンホンさん(53)は「粒子状物質は冷酷だ」と話した。10年以上、履き物店を経営しているキムさんは「ただでさえ景気が良くなくて厳しい状況なのに粒子状物質まで空を覆えば人が来なくて商売にならない」と訴えた。キムさんは空に向かって「イラッシャイマセ」と日本語で叫び、履き物にうっすら積もったホコリを払っていた。

キムさんの履き物店の隣で化粧品を販売しているソさん(32)は「市場流動人口が半分に減った」とし「普段は夕方まで客が行き来するのに、昨日は粒子状物質の余波で客足が早くに途絶えた。商売にならないので他も早々と店を閉めている」と話した。

同じ時間、ソウル西大門区(ソデムング)の仁王(インワン)市場。粒子状物質で客足が減っていつもより商売を遅く始めたり初めから店を閉めたりしているところも見られる。仁王市場の近くで果物屋を営むハンさん(61)は「冬季で商売にならないうえ、粒子状物質まで重なってあまりたくさん客が来ない」とし「物価は上がって財布の紐は固くなる状況で、粒子状物質のせいで悪化した」となげいた。

ハンさんは「一日約5万ウォン(約4800円)を売っていたが今は3万ウォン程度だ。商売にならないので、自分の食事にかかるお金がもったいなくて食べることを真っ先にあきらめた」と話した。

粒子状物質が韓国を襲った。名節の書き入れ時を控えた伝統市場はガラガラだった。13日に続いて首都圏地域に粒子状物質非常低減措置が施行されてさらに人々の往来が少なくなった。市民が屋外活動を控えているところに観光客まで室内ショッピングモールなどに集まり、市場に向かう客足が急に途絶えた。屋外の屋台でストリートフードを売る商人も泣き顔だ。連日、高濃度の粒子状物質が猛威を振るう中、プンオッパン(たい焼き)やトッポッキ、ポンテギ(カイコのさなぎを煮たもの)などストリートフードで生計を立てている人々も直撃弾を受けた。

弘済(ホンジェ)駅の近くでプンオッパンを売っているホン・ギョンエさん(75)は「生きていくのが大変だ。今日、商売しようと出てきたが後悔している」と話した。ホンさんは「粒子状物質が激しくなり、露店商売はうまくいかなくなった」とし「私ですらこのように粒子状物質が多い日は屋台で食べ物を買って食べる考えが起きないのに、お客さんならなおさらだ」と話した。また「いつも一日1万ウォンの利益があったとすると今は2000ウォンもない」とし「いっそ空き箱拾いをしたほうがいい」と話した。ハンさんはまた「空き箱は元手がいらないが、プンオッパンは売れなければ生地を捨てなければならない」とし「それでもその日その日希望を持って出てくるが、半日もすると私も首が痛い」と付け加えた。

南大門市場でポンテギを売っている商人は「粒子状物質が激しくなった昨日(13日)から観光客も来なくて週末の商売をめちゃくちゃにした」とし「粒子状物質の余波で普段より売り上げが30%以上減った」とこぼした。この商人はまた「午前になると天気予報を確認することが日課になった」とし「今日のように粒子状物質が激しい時は商売をやめたほうがいいと思いつつも、働かなければ生計を立てることができず、泣く泣く出てきている状況」と話した。

消費者は粒子状物質が激しい日に市場を訪れてショッピングをしたり屋台のものを食べたりするのを敬遠するという反応だ。会社員のチェ・ジンヨンさん(34)は「少し歩くだけでも目が痛く、息をするのもやっとで、市場に行く意欲が湧かない」とし「くすんだ空の下で屋台の食べ物を食べたくない。屋外にいる時間をできるだけ少なくして屋内にいるようにしている」とした。

高濃度の粒子状物質によってマスク製品販売も急激に伸びた。ECサイト「11番街」では、首都圏に今年初めて粒子状物質非常低減措置が実施された13日の一日のマスク取引量が前週同日比760%増加した。粒子状物質の予報があった11日からマスクの取り引き額は普段の倍近くに増えた。

11番街関係者は「粒子状物質の襲撃が日常化して、消費者が一番最初に簡単に活用できるマスクを大量購入して必要な時に使う」とし「昨年はフィルターを交換して使う高級型マスクが視線を引き付けたが、高価なうえにフィルターを交替しなければならない煩わしさのために一般マスクの販売が根強い状況」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国を襲った最悪のPM2.5…南大門零細商人「売り上げ半分に」

    2019.01.15 09:02
    뉴스 메뉴 보기
    2015年にPM2.5(微小粒子状物質)の公式測定を初めて以来、最高の濃度を記録した14日、ソウル南大門市場では客足が途絶えて閑散としている。
    TOP