주요 기사 바로가기

俳優イ・ジョンス、米国で詐欺の疑いでまた物議

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2019.01.07 13:12
0
俳優イ・ジョンスが米国で詐欺の疑いでまた物議をかもした。4日、米ロサンゼルス(LA)で韓国系米国人にニュースを伝えるメディアUSKN側は俳優イ・ジョンスの詐欺の疑いに関して報じた。

イ・ジョンスの実名を公開して韓国人の被害事実を伝えたもの。この記事によると、イ・ジョンスが昨年8月、カジノで働いていた当時韓国系米国人を相手にお金を借りた後返済しなかった。彼が借りたお金は1億7000万ウォン(約1648万円)に達することが分かった。

イ・ジョンスは昨年4月28日に訴えられて1年ぶりの近況を伝えた。所属事務所側の早い対応で訴えられた件は告訴取り下げで一段落した。道義的なレベルと所属俳優に対する責任感で補償したものだが、その後イ・ジョンスから詐欺にあったという被害者の連絡が相次いだ。

 
これ以上対応できなくなかった所属事務所側はイ・ジョンスに向かって最後の通知をした。「また連絡がつかない場合、イ・ジョンスのマネジメント業務からすべての支援を切る」と宣言した。数日後、イ・ジョンスはメールで立場を明らかにした。

イ・ジョンスは社債を使ったのは事実だが、毎月利子を返し、元金も1300万ウォンを返済したと主張した。また「通帳の内訳があり、お金を儲けて返すだろう」としながら「今までお金を一銭も返さずに踏み倒したようにひどい記事が出ている」と釈明した。また「多くの方々に申し訳ないとしか言葉も出ない。もう選択の分かれ道に立たされているようだ。これまでありがとうございました」と話した。

それ以来連絡はなかった。だが、米国で近況が捉えられた。ロサンゼルス近隣のあるフィットネスクラブで体づくりに熱中している姿、韓国系レストランで食事をしている姿などが目撃されたとのこと。コミュニケーションのない自分ならではのライフを楽しんでいる相次いだ近況に所属事務所側は業務終了を宣言した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優イ・ジョンス、米国で詐欺の疑いでまた物議

    2019.01.07 13:12
    뉴스 메뉴 보기
    俳優イ・ジョンス
    TOP