주요 기사 바로가기

【コラム】在韓米軍の撤退は自害行為だ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.04 08:15
0
在韓米軍は韓国にとってどんな存在か。この質問に明確に答えられなければ大韓民国の運命を混沌から救うことはできない。2万8500人の米軍を撤退するという機密事項がトランプ米大統領の乱暴な言葉により漏えいした。トランプ大統領は6月12日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とのシンガポール首脳会談直後にこのように話した。「いずれは在韓米軍を撤退したい。多額の費用がかかるからだ」。

トランプ大統領は去年の初め「在韓米軍駐留に35億ドル(約3740億)も使う理由はあるのか」と言って撤退を主張した。「第3次世界大戦を防ぐためのもの」だと反対したマティス国防長官はその次にはシリア駐留米軍の撤退に反対して更迭された。トランプ大統領は「米国は世界の‘カモ’ではない」と声高に叫ぶ。

米国は在韓米軍の防衛費分担金9600億ウォン(約908億円)を50%引き上げ、協定有効期間を現在の5年から1年に短縮しようと言っている。毎年引上げした金額を受け取るという意味だ。それが嫌だと言えば撤退させるのだ。米国議会は在韓米軍を最低限2万2000人で維持する国防授権法を通過させた。米国の大統領と議会が衝突している。

在韓米軍は韓米同盟を実証している。韓米同盟は1953年に戦争中の弱小国の李承晩(イ・スンマン)大統領が超強大国の米国を脅迫するかのようにして勝ち取った。北朝鮮の侵略を阻止しなければならない韓国にとっては米国が死活的パートナーだった。しかし、日本の方が重要だった米国としては韓国は曖昧な存在だった。

強大国と弱小国の非対称同盟であり米国が非自発的に結んだという原点的な限界は、同盟の成功にもかかわらず、終始足かせとなっている。トランプ大統領は減税政策による莫大な財政赤字を減らすために在韓米軍撤退のカードを持ち出した。朴正煕(パク・チョンヒ)政権末期の1979年の悪夢が思い出される。

在韓米軍の決定的な用途は北朝鮮の誤った判断を防ぎ、戦争が起こらないように強力な抑止力を提供することだ。韓半島は米国・中国・日本・ロシアという世界4強国の戦略的利害が交差する運命的な地域だ。領土的野心がない国は米国だけだ。超強大国の米国と同盟関係を維持すれば他の国の軍事的動きや軍備増強にも揺らがなくなる。強大な火力と情報力を備えた米軍の駐留は安保と生存のための最善の選択だ。

フィリピンでは1991年の激しい反米デモにより米軍が撤退した。すると外国人投資企業が出ていき、経済が急降下した。結局、フィリピンは2001年末に米軍の再駐留を要請した。ポーランドは先日20億ドルかけて基地を建てるとし、米軍の永久駐留を要請した。膨張するロシアの軍事的威嚇を牽制するための自己救済策だ。
【コラム】在韓米軍の撤退は自害行為だ(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP