주요 기사 바로가기

「金正恩激怒説」…北、イタリアに党組織指導部を急派

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.04 07:14
0
チョ・ソンギル在イタリア北朝鮮大使代理が潜伏して亡命を試みると、北朝鮮当局が党国際部と外務省などを対象に大々的な調査とともに「ノルガジ」の探索と防止対策の準備を指示したと対北朝鮮消息筋が3日、伝えた。「ノルガジ」とは、ノロ鹿を意味する北朝鮮の表現で、「体制を離脱して海外や韓国に亡命する要人」を指す。国家情報院はこの日、国会情報委与野党幹事であるキム・ミンギ(共に民主党)・イ・ウンジェ(自由韓国党)議員から「チョ・ソンギル在イタリア北朝鮮大使代理が昨年11月初め潜伏した」と公式確認した。

現地消息筋によると、北朝鮮当局はチョ大使代理の潜伏直後、彼の行跡を追いかけるために平壌(ピョンヤン)から調査団を急派した。この消息筋は「在ローマ北朝鮮大使館には普段4人の外交官が滞在していたが、出入りがほとんどなかった」として「昨年11月から12月まで見慣れない人物が大使館を出入りする姿が見えた」と伝えた。彼は「調査団は1次的にはチョ・ソンギル氏の身辺を確保して亡命を防ごうとする目的だったようだ」として「しかし、彼がイタリア当局に身辺保護を求めることでそれが難しくなると、経緯調査および対策準備をしていたようだ」と話した。当局は北朝鮮が組織指導部などで構成された調査団を現地に派遣したものと見ている。

前職高位当局者は「1997年2月、黄長ヨプ(ファン・ジャンヨプ、2010年死亡)元労働党秘書が中国を通じて亡命を試みた時、北朝鮮はすべての外交チャンネルを動員して彼の韓国行きを防ぐために努力した」として「それが難しくなると、『卑怯者よ、行くなら行け』としながらも高位層の追加亡命を防ぐために取り締まりを強化した」と説明した。

今回の事件は金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長が執権7年を超えて安定的に国家を運営していた中で発生した「突発事件」ということから北朝鮮内では衝撃が予想より大きいだろうという見方も出ている。対北朝鮮消息筋は「金委員長が非常に激怒したという噂が立っている」として「体制安定を重視する北朝鮮当局としては今回の事件が高位要人のドミノ脱北につながり、あるいは体制が緩む現象と認識される可能性があると懸念したようだ」と話した。北朝鮮内部的には1996年、黄長ヨプ元国際担当秘書の韓国亡命事件に次ぐ「衝撃的な事件」と受け取る雰囲気もあるという。第3国の対北朝鮮消息筋は「海外(スイス)で留学経験のある金委員長は海外公館を『祖国(北朝鮮)の利益のための前方の前哨基地』と感じており、外交官たちに対する関心が大きいと理解している」とし、「大使級外交官の亡命に裏切られたという気持ちが大きいだろう」と伝えた。

チョ・ソンギル大使代理がイタリアに身辺保護を求めて北朝鮮が彼を防ぐことにまず失敗するにつれ、責任者に対する問責も避けられないものと見られる。北朝鮮は海外公館や代表部で亡命事態が発生する場合、大使を交代する問責を行ってきた。2016年、太永浩(テ・ヨンホ)元英国公使が亡命した後、大使がヒョン・ハクポン氏からチェ・イル氏に交代された。太元公使の韓国行きを防ぐことができなかった責任を問うたのではないかとの分析が続いた。当時、英国だけでなく中国など海外公館勤務者が相次ぎ帰国する場面が目撃され、在中国瀋陽北朝鮮総領事館の活動も萎縮するなど「事件」が起きなかった地域の公館も大きく影響を受けた。今回、チョ・ソンギル氏の場合、本人が大使に代わって業務を遂行してきたため、彼の行動を監視する役割を果たしていた人物に対する調査と問責につながる可能性が大きいというのが対北朝鮮専門家らの意見だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「金正恩激怒説」…北、イタリアに党組織指導部を急派

    2019.01.04 07:14
    뉴스 메뉴 보기
    イタリア日刊紙記者が3日(現地時間)、自身のツイッターに公開したチョ・ソンギル在イタリア北朝鮮大使代理の昨年4月の様子。(写真=イタリア日刊紙「Il Foglio」記者のツイッター)
    TOP