주요 기사 바로가기

元SISTARヒョリン、破格的な舞台衣装で議論に…「韓国版ビヨンセ」vs「度が過ぎた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.01.02 13:12
0
グループSISTAR出身の歌手ヒョリンが「2018KBS演技大賞」の祝賀公演で着た破格的衣装をめぐり論争が巻き起こっている。

ヒョリンは昨年12月31日、ソウル汝矣島洞(ヨイドドン)KBSホールで開かれた2018 KBS演技大賞第2部の祝賀舞台に登場した。落ち着いた雰囲気で行われていたこの日の行事はヒョリンが出演することで雰囲気が変わった。

ヒョリンが着ていたジャケットを投げ捨てると、スタイルがあらわれるモノキニのボディースーツが目を引いた。ヒョリンは自身の曲『SEE SEA』と『Dally』を歌った。『Dally』のミュージックビデオは4月発表当時、扇情性の問題で19歳未満観覧不可判定を受けたことがある。

その後、ヒョリンが披露した衣装と舞台をめぐり、オンラインコミュニティでは意見が分かれている。あるインターネットユーザーは「年末の授賞式の雰囲気を盛り上げる熱い舞台だった」として「ポップスターのビヨンセの韓国バージョンのようだった」と評価した。一方、もう一人のネットユーザーは「家族みんなが見る地上波の授賞式なのに度が過ぎてみっともない」という反応を見せた。

これに先立ち、グループMAMAMOOのメンバー、ファサもヒョリンと似たような衣装でオンライン上を騒がせた。ファサは昨年12月、埼玉スーパーアリーナで開かれた「2018 MAMA FANS’CHOICE in JAPAN」でスタイルを露出した赤色のボディースーツを着てダイナミックな振りつけを披露した。

当時、ネットユーザーの間では「ファサにあのような果敢な魅力があったか知らなかった」として「違う魅力を見ることができた」という評価を得る一方で、「家族と一緒に見ていたが、衣装が行き過ぎてチャンネルを回した」として「パフォーマンスも重要だが、観覧等級に合わせて露出の程度を調整する必要がある」と意見が分かれた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    元SISTARヒョリン、破格的な舞台衣装で議論に…「韓国版ビヨンセ」vs「度が過ぎた」

    2019.01.02 13:12
    뉴스 메뉴 보기
    グループSISTAR出身の歌手ヒョリンが昨年12月31日、放送された「2018KBS演技大賞」で祝賀公演を行っている。(KBS番組キャプチャー)
    TOP