주요 기사 바로가기

元KARAパク・ギュリ、日本ファンミーティングを成功裏に終了

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2018.12.31 15:53
0
KARA出身女優のパク・ギュリが日本ファンミーティングを成功裏に終了して2018年を締めくくった。

パク・ギュリは29日、東京でファンミーティング「Gyuri’s winter magic,Last day party」を開いて現地ファンに会った。第1部と第2部に分けて2回にわたって行われたファンミーティングは、パク・ギュリを見るために大勢のファンが集まりその人気を証明した。

1年ぶりに日本で年末ファンミーティングを開いたパク・ギュリはさまざまなイベントはもちろん、ファンたちと活発な疎通を行って魔法のような時間を過ごした。特に、今回のファンミーティングはコンサートを彷彿させるほど多くの曲を披露し、ファンたちに忘れられない思い出をプレゼントした。

 
近況トークから始まったファンミーティングでパク・ギュリは『Kisssite』『Winter Magic』だけでなく、2019年新曲である『Everasting Love』『Yes My Precious』などの曲を歌ってファンたちを熱狂させた。特に、『Everasting Love』の場合、日本の人気歌手兼俳優の寺西ゆまがサプライズゲストとして登場し、雰囲気を一層盛り上げた。久しぶりに俳優でない歌手としての姿を披露したパク・ギュリは舞台で相変わらない姿を見せ、ファンたちはこれに合唱で応えた。

「ファン馬鹿」で有名なパク・ギュリのファンへの愛情は相変わらなかった。クリスマスは過ぎたが、サンタに変身して舞台に登場したパク・ギュリはファンのためのプレゼントだけでなく、感謝の気持ちを伝えるためにすべてのファンと個人ポラロイド写真を撮影するなど、ファンのための特別なプレゼントを用意した。自身を見るために家に帰らず待っているファンたちに直接近付いて見送り、ファンたちに向かった愛情を表わした。

ファンミーティング直後、パク・ギュリは「ファンミーティングを準備しながらどうすれば充実した時間になるか考えたが、思ったより喜んでいただきとてもうれしかった」とし「楽しい気運を受けることができた感謝の時間だった」と感謝の挨拶を伝えた。

1995年、子役俳優として芸能界デビューしたパク・ギュリはグループKARAとして活発な活動を繰り広げ、韓日両国のファンから愛された。女優に転向した後、ドラマ『チャン・ヨンシル~朝鮮伝説の科学者~』『恋の花が咲きました』、映画『2つの恋愛』『サヨナラの伝え方』などで安定した演技を披露した。最近、SBSドラマ『皇后の品格』に特別出演した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    元KARAパク・ギュリ、日本ファンミーティングを成功裏に終了

    2018.12.31 15:53
    뉴스 메뉴 보기
    元KARAパク・ギュリ
    TOP