주요 기사 바로가기

北朝鮮1人当たりの国民所得、韓国の4.3%水準…制裁でさらに広がった南北経済格差

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.12.19 14:28
0
146万ウォン(北朝鮮)vs3363万ウォン(韓国)。

北朝鮮と韓国における昨年1人当たりの国民総所得(GNI)だ。北朝鮮は2016年(146万ウォン、約15万円)水準を維持したが、韓国は同期間1人当たりのGNIが3212万ウォンから3363万ウォンに増えて南北格差がさらに広がった。経済成長率や貿易総額など主要統計指標もほぼ同じだ。

韓国統計庁が19日に発刊した「2018北朝鮮の主要統計指標」での分析だ。統計によると、昨年の北朝鮮GNIは36兆6310億ウォンで韓国(1730兆4614億ウォン)の4.5%規模だ。北朝鮮の人口は2501万人で韓国(5145万人)の半分だ。北朝鮮住民1人当たりのGNIを計算すると146万ウォンで、韓国(3363万ウォン)の23分の1水準だ。

2016年3.9%増加して8年ぶりに韓国を上回った北朝鮮の経済成長率は昨年マイナス(-3.5%)に転じた。1997年(-6.5%)以降、20年ぶりとなる最大のマイナス成長率だ。一方、韓国は昨年、前年比3.1%成長した。韓国開発研究院(KDI)のキム・ギュチョル副研究委員は「昨年16年ぶりとなる最悪の干ばつ、米国の強力な経済制裁によって中朝貿易が減少したことを受けて南北間の経済格差がさらに広がった」と説明した。

貿易総額は北朝鮮が55億5000万ドル(約6231億円)で韓国(1兆521億7300万ドル)の5.2%水準だった。北朝鮮は前年(65億3200万ドル)に比べて減少した反面、韓国は同期間9016億1900万ドルから1兆521億7300万ドルに増えて格差が広がった。主要貿易国家も北朝鮮は中国が輸出の93%、輸入の95%を占めるほど中国に偏重している反面、韓国は中国の比重が輸出24%、輸入20%だった。

昨年北朝鮮の発電電力量は235億キロワット時で韓国(5535億キロワット時)の24分の1水準だった。北朝鮮は前年と比べて逆成長したが韓国は131キロワット時増えてここでも格差が広がった。製造業分野でも北朝鮮粗鋼生産量は109万トンで、韓国(7103万トン)の65分の1、セメント生産量は北朝鮮(684万トン)が韓国(57410万トン)の8分の1水準にとどまった。

北朝鮮が韓国を上回っていたのは食糧作物・地下資源生産だった。北朝鮮は昨年、食糧作物470万トンを生産して韓国(447万トン)より多く、コメ生産量は北朝鮮(219万トン)が韓国(397万トン)の半分水準だが救荒作物であるトウモロコシの生産量が167万トンで韓国(7万トン)より多かった。北朝鮮石炭生産量は2166万トンで韓国(149万トン)の14倍、鉄鉱石生産量は574万トンで韓国(31万トン)の18倍水準だった。キム副研究委員は「南北経済協力が軌道に乗る場合、北朝鮮鉱物資源の活用方案が最も大きな関心事に浮上するだろう」と見通した。

南北経済協力について議論が始まった鉄道の場合、北朝鮮鉄道総延長距離(5287キロ)が韓国(4078キロ)より長かった。道路は北朝鮮が2万6178キロで韓国(11万91キロ)の4分の1水準だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮1人当たりの国民所得、韓国の4.3%水準…制裁でさらに広がった南北経済格差

    2018.12.19 14:28
    뉴스 메뉴 보기
    平壌市内の北朝鮮住民の様子。(平壌写真共同取材団)
    TOP