주요 기사 바로가기

議論を呼んだ釈明? AOAソリョンの失神、火薬のためではなかった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.12.17 07:46
0
ガールズグループAOAのメンバー、ソリョンが公演の途中でめまいを訴えて病院に運ばれたことを受け、所属事務所が16日、2番目の立場を発表した。所属事務所はこの日「火薬のためにめまいを訴えてソリョンが倒れた」と伝えた1番目の立場の一部を訂正した。

AOAは前日(15日)午後、ソウル高麗(コリョ)大学化汀(ファジョン)体育館で開かれた「フォートナイト・コリアオープン2018」行事に参加した。ソリョンはこの日、ヒット曲『Like a Cat』の舞台の途中で吐き気を訴えた。そうするうちに最後の曲『Heart Attack』の舞台を準備していたところ、足に力が入らないように座り込んでしまった。

その後、メンバーに助けられて舞台から退場した。当時、AOAのリーダーであるジミンは「ソリョンが今風邪で体調が良くない。心配なさらなくてもいい」として驚いた観客を落ち着かせた。

その後、所属事務所FNCエンターテインメントはこの日、公式立場を出して「ソリョンが舞台の途中で放った火薬のため、めまいを感じて直ちに病院に運ばれた」として「現在、ソリョンが病院で診療を受けた後、家に帰って安静にしている」と明らかにした。

しかし、所属事務所の説明は議論を呼んだ。メンバーのジミンが「ソリョンが風邪で体調が良くなかった」と話と所属事務所の説明が異なったためだ。「デビュー7年目の歌手が公演会場の火薬のために目まいを感じたのは納得ができない」「メンバーは風邪だと言うのに所属事務所は火薬のせいにしている」など、所属事務所の説明に対する抗議が経たなかった。

これを受け、所属事務所は16日午後、前日に続いた2番目の公式立場を出して「ソリョンの体調に関する詳しい病院の診断結果を知らせる」として収拾に出た。

所属事務所は「ソリョンは軽い風邪の症状で喉がはれて体調がよくない状態で多くの人が集まっている室内舞台の熱い空気によって過呼吸が発生した」とし、「直ちに追加検査を受け、現在は体調をだいぶ回復している」と伝えた。

また「主催側の確認結果、公演に使われた特殊効果自体は火薬でない人体に無害な花火だった」として「公演当日は慌ただしい中で正確にご案内することができなかった点をお詫び申し上げる」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    議論を呼んだ釈明? AOAソリョンの失神、火薬のためではなかった

    2018.12.17 07:46
    뉴스 메뉴 보기
    AOAのソリョン
    TOP