주요 기사 바로가기

「金正恩が合意守れば願い聞き入れる」 文大統領、トランプ氏のメッセージ公開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.12.03 07:36
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が1日(現地時間)、「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の年内答礼訪問については可能性が開かれている」と明らかにした。

アルゼンチンで開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議を終えた文大統領は、この日3カ国目の訪問国であるニュージーランドに向かう機内で懇談会を開き、「金委員長が年内に答礼訪問するかどうかは金委員長の決断にかかっている」と述べた。

金委員長のソウル答礼訪問に関連し、文大統領は「北朝鮮指導者がソウルを訪問したことは一度もなかったので、答礼訪問それ自体に大きな意味がある」とし「(金委員長の答礼訪問が)世界に送る平和的メッセージ、非核化に対する意志、南北関係発展に対する意志などをすべて含んでいる」と述べた。したがって「答礼訪問でどのような議題を協議するかを離れて、答礼訪問そのものが行われることが重要だ」と述べた。

文大統領はまた「トランプ大統領は金委員長が年内にソウル答礼訪問を行う場合、金委員長にメッセージを伝えてほしいと(私に)託した」と述べた。トランプ大統領のメッセージは「金委員長に対して非常に友好的な考えを持っていて、また金委員長が好きだ。それだけに金委員長と一緒に残りの合意をすべて履行することを願っていて、また金委員長が望んでいることを自分が成し遂げる」という内容だ。

続いて文大統領は「米朝の2回目の首脳会談や高官会談が行われる前に、南北間に答礼訪問が先に行われれば(米朝会談に)負担として作用するのではないかという心配がなくもなかった」としつつも「だがトランプ大統領との会談を通じてそのような懸念はきれいに消えた」と述べた。

金委員長の答礼訪問に対する反対世論などについて、文大統領は「国論分裂はありえない。答礼訪問を通じて非核化が行われ、南北間に平和が成し遂げられれば、それはすべての国民が望むことなのではないか」と述べて一蹴した。あわせて「(南北平和に)保守・進歩が別々にあり、与党と野党が別々にあるだろうか。すべての国民が本当に諸手を挙げて(キム委員長を)歓迎するものと信じている」と付け加えた。

非核化および制裁緩和に関連し、最近取り沙汰されていた韓米間の不協和音問題については、文大統領は「一体どのような根拠でそのように言うのか分からない。不協和音は根拠のない推測」としながら「今の状況に対して、トランプ大統領は非常に肯定的に評価していて、完全な非核化を推進する過程に全く違う立場はない」と強調した。

文大統領は「今まで(南北間で)実現した一つ一つは、米国や国連安保理との協議なしで成し遂げられたものはない」とし「(協議過程に)少し不便な面があったので、最初から韓米ワーキンググループを作って実務的に協議を行っている」と繰り返し強調した。

文大統領は北朝鮮が要求する相応措置に対して「相応措置がイコール制裁緩和または解消を意味しない。軍事訓練の延期や縮小も相応措置になりえるし、人道的支援をしたり、スポーツ交流や芸術団が往来する非政治的交流もありえる」とし「こうした中で政治的宣言としての終戦宣言も考えることができる」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「金正恩が合意守れば願い聞き入れる」 文大統領、トランプ氏のメッセージ公開

    2018.12.03 07:36
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が1日午前(現地時間)、主要20カ国首脳会議を終えてアルゼンチン・ブエノスアイレスを発ちニュージーランド・オークランドへ向かう空軍1号機の中で記者懇談会を開いている。(写真=青瓦台写真記者団)
    TOP