주요 기사 바로가기

GM、金融危機後の最大のリストラ…韓国工場は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.27 15:38
0
米ゼネラルモーターズ(GM)が北米事業場で大規模なリストラをすると26日(現地時間)、発表した。人員15%削減、工場閉鎖など強度の高いコスト削減措置を断行するという立場だ。来年末までに約60億ドルの費用を削減するのが目標という。

AP、ブルームバーグ通信などによると、GMは北米地域で計1万4700人を削減する計画だ。事務職8100人だけでなく、米国・カナダ工場所属の生産職6000人も含まれる。幹部級も全体の25%を減らすという。

北米工場の計5カ所が閉鎖または稼働業務転換措置を受ける。来年以降に米国で販売が中断される自動車を生産する工場であり、こうした変化は避けられないというのがGM側の立場だ。

対象の工場はすべて米国とカナダにある。デトロイト市ハムトラムク、オハイオ州ローズタウン、カナダ・オンタリオ州オシャワの組立工場、ミシガン州ウォーレン、メリーランド州ボルティモアの変速機工場だ。GMは該当工場で生産していたシボレー・クルーズ、キャデラックCT6、ビュイック・ラクロスなども生産を中断すると明らかにした。

従来の産業を大幅縮小する代わりに自動運転車と電気自動車への投資は強化する。バーラGM最高経営責任者(CEO)は「自動車産業が急激に変化する中、GMは変化に適応する必要がある」と述べた。「伝統的な自動車部門に従事する人員は縮小するが、ソフトウェアや電気、自動運転車関連の専門家は依然として採用している」という説明だ。

今回のリストラは2009年のグローバル金融危機でGMが破産危機に直面して以降、最大の規模となる。しかしGM側は今回の措置について「景気下降によるものではなく、米国経済が堅調な状況で先制的にコストを削減する」と強調した。

北米大陸では反発が相次いだ。トランプ米大統領は同日、ウォールストリートジャーナル(WSJ)のインタビューで「GMは中国での自動車生産を中断し、生産中断に代わる新しい工場をオハイオ州に設立すべきだ」と述べた。こうした考えをバーラCEOに直接会って伝えたとも明らかにした。

カナダのトルドー首相も失望感を表した。リストラが実施されれば勤労者に政府が必ず支援するという立場だ。全米自動車労組(UAW)は「数千人が失職することになる。団体交渉権などあらゆる法的措置を通じて闘争する」と主張した。

一方、AP通信はGMが北米以外の海外でも2カ所の工場を稼働中断または閉鎖すると報じた。すでに閉鎖された韓国の群山(クンサン)工場に続いて追加で2カ所を選定する計画だ。韓国GM側は「韓国工場はこの対象に含まれていない」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    GM、金融危機後の最大のリストラ…韓国工場は?

    2018.11.27 15:38
    뉴스 메뉴 보기
    「立入禁止、出入口閉鎖」という警告文が貼られて封鎖された韓国GM群山工場組立工場の出入り口。
    TOP