주요 기사 바로가기

中国軍用機、韓日防空識別圏を侵犯…今年に入って7回目

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.27 08:16
0
中国軍用機が26日、韓国防空識別圏(KADIZ)はもちろん日本防空識別圏(JADIZ)にも入り、無断で偵察活動を行った。中国側がこのように韓日両国の防空識別圏を長時間進入したのは今年に入って7回目となる。「チャイナパッシング」を懸念した中国が露骨に存在感を誇示し、周辺国の情報収集に乗り出したとの分析がある。

韓国合同参謀本部によると、中国軍用機はこの日午前11時に済州道(チェジュド)北西からKADIZに進入し、午前11時38分に離於島(イオド)近隣を抜けたあと、JADIZの内側を飛行した。その後、午後12時43分に浦項(ポハン)南東約44マイル(81キロ)上空から再びKADIZに進入した。Y-9系列偵察機とみられる中国軍用機は、北に進路を変えて江陵(カンヌン)東約50マイル(93キロ)上空まで移動した後、午後1時11分に南に旋回して進入経路に沿って飛行した後、午後3時53分にKADIZを最終離脱した。

合同参謀本部側は「済州道北西から中国軍用機のKADIZ侵犯があってすぐにF-15K・KF-16など10機余りの空軍戦闘機を緊急投入して追跡・監視飛行や警告放送を行うなど戦術措置を講じた」と明らかにした。日本航空自衛隊も中国軍用機のJADIZ侵犯に戦闘機を出撃させて対応した。

防空識別圏は領空ではないが、他国の航空機が進入するときには事前に通知するのが国際慣例だ。合同参謀本部関係者は「この日、中国軍用機は韓国領空を侵してはいない」と説明した。

韓国軍は中国のKADIZ進入を意図的なものと解釈している。中国が最近同じような経路を通じて常習的にKADIZに無断進入しているためだ。中国偵察機は今年1月・2月・4月・7月・8月・10月にも該当の経路に沿ってKADIZとJADIZに進入した。

軍当局者は「韓国空軍が対応出撃する過程で、各種装備と武器体系の送出信号を中国が収集する可能性がある」と分析した。中国が韓日米合同演習を念頭に置いて事前に戦力を把握しようとしたとの解釈もある。

これとあわせて東アジアでの軍事的影響力を誇示するための行動という解釈も出ている。韓国国防部と外交部は、この日駐韓中国大使館関係者を招致して厳重抗議するとともに再発防止対策を求めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国軍用機、韓日防空識別圏を侵犯…今年に入って7回目

    2018.11.27 08:16
    뉴스 메뉴 보기
    中国軍用機の飛行経路
    TOP