주요 기사 바로가기

仁川空港、事業費17兆ウォンのマニラ新空港運営事業の獲得なるか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.26 14:38
0
フィリピン・マニラ近郊に韓国の建設技術で作り仁川(インチョン)空港の空港運営ノウハウで運営される超大型空港が建設される可能性が高まった。総事業費が17兆5000億ウォン(約1兆7550億円)に達するマニラ新空港建設プロジェクトだ。

仁川空港公社は今月23日午前、東京の帝国ホテルでフィリピンのサン・ミゲルと「フィリピン・マニラ新空港開発事業推進のための了解覚書(MOU)」を締結したと24日、明らかにした。サン・ミゲルが仁川空港公社と提携して空港設計から建設・運営までの全過程を共同で推進する内容が盛り込まれた了解覚書だ。

「サン・ミゲル・ビール」としても有名なフィリピン財界1位企業のサン・ミゲルは、マニラから北西に40キロ離れたブラカン地域に年間1億人の旅客処理能力を有する空港を建設する計画だ。

旅客ターミナル8棟、滑走路4本を備えた超大型空港として、仁川空港の旅客処理能力(年間7200万人)を超える。

サン・ミゲルは2016年、フィリピン政府にこのプロジェクトを提案し、今年4月に事業承認を受けた。サン・ミゲルが最終事業者に選ばれるまでは第3者公告などの手続きが残っているが、競争会社がないため来年上半期にはすべての許認可手続きが完了するだろうと仁川空港公社は予想している。

サン・ミゲルが最終事業者に選ばれれば、50年間にわたって空港を独占的に運営することになる。世界空港協議会(ACI)はフィリピンの航空需要が年平均5.7%(2016~2040年)成長するとみている。

仁川空港公社の鄭日永(チョン・イルヨン)社長は「サン・ミゲルのラモン・アン会長が仁川空港を高く評価していて、サン・ミゲルの新空港プロジェクトに仁川空港公社が大きな役割を果たすことになる可能性が高い」とし「今後、仁川空港公社は、中東・東欧・東南アジア・中央アジアなど全世界に海外事業を拡張し、国内企業との同伴進出も積極的に推進する計画」と話した。

今年4月にクウェート空港第4ターミナルの委託運営事業権の獲得にも成功した仁川空港公社は、空港ノウハウの輸出に拍車を加えている。同社のユ・ドンワン海外事業第1チーム長は「仁川空港全体売上額の1%未満である海外事業の比重を2030年には10%台に引き上げる計画」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    仁川空港、事業費17兆ウォンのマニラ新空港運営事業の獲得なるか

    2018.11.26 14:38
    뉴스 메뉴 보기
    仁川空港公社の鄭日永社長(右)とサン・ミゲルのラモン・アン会長(左)が23日、了解覚書(MOU)を締結した。(写真提供=仁川空港公社)
    TOP