주요 기사 바로가기

年末にソウルを訪れるなら…おすすめシャンパンバー3選

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.22 13:50
0
1/4
泡が立ち上る様子を眺めるのが楽しいシャンパンは特別な日の代表的なアルコールに挙げられる。(写真提供=le Cabaret DOSAN)
今年も残すところあと1カ月ほどとなった。師走を前にして手元のスケジュール帳には、年越し前に会いたい人々との約束でぎっしりと埋まっていることだろう。それだけに、どこで会うかについて深く悩むことにもなる。行きつけの店ではなく、もっと特別なところに行きたくなるからだ。こんなとき、おすすめしたいのがシャンパンバーだ。最近のソウルでは、シャンパン(シャンペン、シャンパーニュ)を主人公にした空間が次々をオープンしてファンを魅了している。シャンパンバー「Bar81(バー81)」と「le Cabaret DOSAN(ル・キャバレ島山)」を手がけるパク・ヒョンジン代表は「優雅に赤ワインを楽しんだり一人でウイスキーを傾けたりする文化よりも、みんなで集まって楽しくワイワイできるシャンパンこそが韓国人の酒の席にぴったりの飲み物」とし「泡が立ち上る様子が目にも楽しく、飲んだ時に気持ちがさわやかになるシャンパン。これからシャンパンの人気はさらに高まるだろう」と話した。年末の集まりだけでなく、特別な人と大切な時間を過ごしたいときに立ち寄れる、個性のあるシャンパンバーを3つ紹介したい。

(1)おまかせフレンチとシャンパンの出会い「le Cabaret DOSAN」

ソウル江南区論硯洞(カンナムグ・ノンヒョンドン)にあるホテル「Aiden by BEST WESTERN Cheongdam」18階に位置したle Cabaret DOSANは南山(ナムサン)と漢江(ハンガン)が一望できるビューと華やかなシャンデリアが迎えてくれる、シャンパンセラーを備えたシャンパンバーだ。韓国初のシャンパンバーである「Bar81」(ホテル「シグニエルソウル」81階)をオープンさせたパク・ヒョンジン代表は「シャンパンと料理のペアリングをさらに強調した場所」と紹介してくれた。このため、フレンチレストラン「Prep(プレップ)」のオーナーシェフだったイ・ヨンラ氏を迎えることになった。イ氏は旬の食材を使ったおまかせ形式のフレンチ式一膳料理(French Gala Platter)を出す。肉類と旬の海産物などで調理されたフレンチ料理7品を、コースではなく一膳にしてみせた。11月は季節の灰貝をオリーブオイルで調理したエスカベーシュとイベリコ豚のステーキ、松茸のキッシュなどで秋を彩っている。12月は旬の高興(コフン)真牡蠣と大根、柚子などを使った料理に、フランスで年末のファミリーパーティーの必須メニューであるオニオンスープ、ローストチキンなどを再解釈した一皿が登場する予定だ。約50種類以上のシャンパンが準備されている。特に、KISA(韓国国際ソムリエ協会)大会で準優勝したソムリエのヤン・デフン氏が人工添加物を使わない、あるいは極少量しか使っていない自然親和的農法で栽培したブドウで作ったシャンパンを厳選して最高のペアリングを提案してくれる。シャンパンは15万ウォンから(ボトル基準)。

 
(2)シャンパンだけで約250種類を取り揃えているホットプレイス「LA BULLE」

今年、ソウル江南で最も注目を浴びている空間を挙げるとすれば、間違いなく3月に清潭洞(チョンダムドン)にオープンしたシャンパンバー「LA BULLE(ラ・ビュル)」だ。シャンパン好きが高じて6年前からシャンパン輸入会社を営んでいるヤン・セヨル代表と、シャンパンを正しく知って楽しむ文化を広めるためにシャンパン教育プログラム「シャンパンクラブ」を運営してきたソムリエのチョ・スミン氏が意気投合して開いたバーだ。シャンパンへの愛情が深い2人によるコラボレーションということで、韓国ではなかなか手に入らないビンテージシャンパンなど250種類余りの多彩なシャンパンを有している点が最大の武器だ。特に、チョ氏おすすめのシャンパンを紹介してくれるため、初心者から愛好家に至るまで、どの層の満足度も高い。ドン・ペリニヨンのようなプレステージシャンパンをグラスで出しているため負担も軽い。シャンパンにペアリングされている料理は、フレンチレストラン「TocToc(トットッ)」のシェフ、キム・デチョン氏が総括した。食パン専門店「食ブ館(シッブグァン)」のパンとシャルキュトリ(食肉加工品)専門店「Maison Jo(メゾン・ジョー)」の食肉加工品、韓牛炭火焼き専門店「ソプン」で使用している最高級韓牛などの食材料を使い、ファインダイニングに劣らない料理を出す。シャンパンは12万ウォンから(ボトル基準)。

(3)英国スタイルのシャンパンとシーフードが楽しめる「Bubble&Cockles」

ソウル漢南洞(ハンナムドン)の路地に位置した「Bubble&Cockles(バブルアンドコックルス)」は、上記2店と比べると、規模もシャンパンの種類も少なく素朴だが、リラックスした雰囲気が魅力的な空間だ。韓国大手食品メーカー「CJ」海外営業チーム出身のチェ・シジュン代表が英国ロンドンに住んでいたときに通っていたシーフード専門レストラン「Wright Brothers(ライトブラザーズ)」からインスピレーションを得てオープンしたシーフードバーだ。チェ代表は「海産物は新鮮であれば特別なレシピがなくても美味しいだけでなく、韓国にはシーフードバーというコンセプトを持った空間があまりなく、ちゃんとした店をやってみたかった」と語った。四季を通じて空輸している真牡蠣をその場でさばいてくれた料理とともに、ポテトとトマトが入ったロブスターサラダ、タイラギや脂の乗ったアジの焼き物を添えたオープントーストなどがシャンパンとの相性が抜群のメニューだ。海産物が主人公ということで、自然と酒類もシャンパンとホワイトワインのリストが中心となっている。誰でも負担なく楽しめる合理的な価格のシャンパン約20種が準備されている。シャンパンは3万9000ウォンから。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP