주요 기사 바로가기

<大リーグ>柳賢振が来季ドジャース先発3番手、前田の位置づけは…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.15 15:32
0
もう先発競争はない。最近LAドジャース残留を宣言した柳賢振(リュ・ヒョンジン、31)が来季は先発3番手として活躍すると予想される。柳賢振が先発ローテーション入りしたことで、親しい同僚の日本人投手、前田健太(30)の位置づけは厳しくなった。

柳賢振は2006年にドンサン高を卒業してハンファに入団した後、先発ローテーション入り競争をしたことがなかった。新人時代からエースとして活躍し、「少年家長」と呼ばれたりもした。しかしメジャーリーグでは違った。2013年にドジャースに入団すると、3、4人の投手と先発5番手をかけて競争した。同年14勝をマークした後、翌年は安定的に3番手に定着したが、2015年に肩を痛め、またローテーション入り競争をすることになった。昨年はデビュー後初めてブルペン投手となり、ポストシーズンのエントリーにも含まれなかった。

しかし来年は違う。柳賢振はドジャースのクオリファイングオファーを受諾し、来季は年俸1790万ドル(約20億円)を受ける。メジャーリーグは徹底的にビジネスの世界だ。多くの年俸を受ける選手が多く出場するしかない。チーム内の先発のうちクレイトン・カーショー(3100万ドル)とリッチ・ヒル(1866万ドル)の次に多くの年俸を受ける柳賢振を起用しないはずがない。

米CBSスポーツは「柳賢振は今季15試合で防御率1.97をマークした。不完全ではあったが、優秀な成績のシーズンだった」とし「ドジャースがカーショー、ウォーカー・ビューラー、柳賢振、ヒル、アレックス・ウッドで先発陣を構成するだろう」と予測した。3年再契約を結んだカーショーと未来のエースの右腕ビューラーがワンツーパンチを引き受け、柳賢振が3番手に入る。

カーショーと柳賢振がともにドジャースに残り、前田は厳しい状況を迎えることになった。フリオ・ウリアス 、ロス・ストリップリングとともに先発ローテーションから外れる危機を迎えたのだ。実際、前田の投球内容は悪くはない。入団初年度の2016年には16勝をマークし、昨年も13勝した。

しかし契約内容は不利だ。前田は2016年、ドジャースと8年契約を結んだが、保証年俸は300万ドルにすぎず、開幕ロースター入り、投球イニング、先発登板試合などによるインセンティブ比率が高い。当時は日本人投手がメジャーでどれほど通用するのかという疑問を抱く人が多かった。前田も子どもの教育などのためロサンゼルス居住を希望し、不利な内容も受け入れた。

前田は2016年、32試合に先発し、175イニング2/3を投げた。このためインセンティブ725万ドルを受けた。しかし今季は柳賢振が戻って先発投手が飽和状態になると、ドジャースは前田をブルペンに送った。結局、前田は先発で20試合、救援で21試合に登板した。125イニング1/3を投げ、8勝10敗2セーブ、防御率3.81だった。ボーナスは300万ドルに減った。ソン・ジェウ解説委員は「選手の立場では最悪の契約といえる。3、4番手として悪い成績ではないが、前田としてはやむを得ない状況」と説明した。

前田は誠実で性格がよい。前田は米国に進出する前、広島カープに9年間所属し、97勝をマークした。最近、広島は強豪チームに変わったが、前田がいた頃は毎年下位圏だった。しかし前田は常に最善を尽くした。米国に渡ってからも前田はチームのためにブルペン投手として献身した。

前田は柳賢振とも親しい。柳賢振はミルウォーキー・ブリュワーズとのナショナルリーグチャンピオンシップシリーズで勝利した後、前田のところに行ってシャンパンをかけた。ソン・ジェウ委員は「アンドリュー・フリードマン・ドジャース野球部門社長は貧しいタンパベイGM当時とは違い、ドジャースでは多くの先発投手を活用する戦略を見せている。ウッドや他の先発要員の年俸も高くないのでトレードする可能性は低い」という見方を示した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP