주요 기사 바로가기

<野球>「名古屋の太陽」宣銅烈代表監督が辞任…「時代の情緒を把握できず申し訳ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.14 15:44
0
韓国野球代表の宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督(55)が辞任した。

宣銅烈監督は14日、ソウル江南区(カンナムグ)野球会館で開いた辞任記者会見で「私は今日、国家代表の野球監督職から自ら退きます。国家代表監督として金メダルの名誉と奮闘した選手たちの自尊心を守ることができなかった点について本当に惨憺たる心情でした。その時に決心しました。監督として選手たちを保護し、金メダルの名誉を取り戻す適切な時期に辞任することを決心しました」と発表した。

野球韓国代表の初代専任監督として昨年就任した宣監督は、今年9月のジャカルタ・アジア競技大会で韓国を優勝に導いた。しかし代表選手抜てき問題で批判を受けた。先月4日には謝罪記者会見を開き、10日には国会文化体育観光委員会の国政監査で証人として出席した。

宣監督は当時、「不正疑惑はない。選手の選抜は公正に進めた」と釈明した。そしてこの日の記者会見で宣監督は「メダル獲得という目標にこだわって時代の情緒を十分に把握できなかった。改めてお詫びします」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <野球>「名古屋の太陽」宣銅烈代表監督が辞任…「時代の情緒を把握できず申し訳ない」

    2018.11.14 15:44
    뉴스 메뉴 보기
    韓国野球代表の宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督
    TOP