주요 기사 바로가기

ダイエットしたいならご法度の冬の間食…韓国おでん「オムッ」?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.13 10:20
0
夏は俗に「ダイエットの季節」と言われるが、実際は冬こそダイエットが必要な季節だ。寒さで活動量が減るうえ、年末の飲み会で景気よく食べることが増えるため、冬になると一気にぜい肉がいてしまう。

その上、冬が旬の間食のあれこれは、何も考えずに食べて後からしまったと思うことが多い。特に、この中にはダイエットにいいと誤解しているものが相当数ある。ダイエットを決意して、準備して食べたものが、実はダイエットの敵だったということだ。

寒くなるとつい手が伸びてしまう韓国おでん「オムッ」は軽く見ていい食べ物ではない。魚のすり身で作られているからダイエット食品だと思われやすいが、なんといっても揚げ物なので100グラムにつき約130キロカロリーの熱量がある。何も考えずにオムッの串を数本手に取れば、500~600キロカロリーは簡単に間食で取ってしまうことになる。

さらに悪いのは、適度に塩味がきいていて深い味わいのスープに入っているナトリウムだ。オムッスープのナトリウム含有量は約2064ミリグラムで、キムチチゲ(約1962ミリグラム)よりも多い。365mc病院のソ・ジェウォン病院長は「ナトリウムが多い食べ物を過多摂取すると、水分の代謝が円滑にできないためむくみやすくなる。このむくみが筋肉の生成を邪魔して体脂肪を増やし、ダイエットに悪い影響を与える」と話す。

スープだけでなく、オムッそのものにも塩分が多く含まれているので、オムッを食べるならしょう油すら付けないほうがいい。ソ病院長が勧めているのは、オムッを食べる時はスープの代わりにゆで卵やダイコンなどの野菜を一緒に食べることだという。すると満腹感を感じやすくなるほか、ナトリウム排出にも役立つそうだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ダイエットしたいならご法度の冬の間食…韓国おでん「オムッ」?

    2018.11.13 10:20
    뉴스 메뉴 보기
    万全の準備で静かに客を待つオモック
    TOP