주요 기사 바로가기

韓国20代女性の半分「毎月飲み過ぎ」…男性の喫煙率38%で過去最低

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.12 13:08
0
会社員のミンさん(37)は軍生活以降ずっと吸ってきたタバコを昨年初めにやめた。ミンさんは「以前とは違い、タバコを取り出してかむだけで周りの人々から白い目で見られる。社内でも非喫煙者が多くなり、タバコを吸いに出ることに顔色をうかがう雰囲気になって禁煙を決心することになった」と話した。

ミンさんのようにタバコをやめる男性が多くなった。保健福祉部・疾病管理本部が11日、公開した2017年国民健康栄養調査結果によると、成人男性の喫煙率は38.1%で、1998年調査を始めて以来最低となった。2005年最高値(51.7%)に比較すれば13年で13.6%ポイントが減った。タバコの値段を2000ウォン(約200円)引き上げた2015年(39.4%)より減少した。

福祉部のチョン・ヨンギ健康増進課長は「かつてタバコに寛大だった認識がタバコの値段の引き上げ、警告画像の付着、禁煙区域の拡大など、積極的な禁煙政策により変わった影響」と説明した。非喫煙者の間接喫煙露出率も持続的に減っている。「最近一週間以内にタバコの煙を吸ったことがあるか」という質問に職場では12.7%、家庭では4.7%、公共場所(室内)では21.1%がそうだと答えた。

酒を飲み過ぎる人は増えた。成人男女10人中4人(39%)は月に一度以上飲み過ぎていることが明らかになった。飲み過ぎは1回の飲み会で男性7杯、女性5杯以上の酒を飲んだ場合をいう。2005年(36.2%)よりかえって増えた。男性の飲み過ぎ率は2010年(57.6%)以降、昨年52.7%に着実に減っているが20~50代いずれも50%を上回った。女性の飲み過ぎ率は2005年(17.2%)以来増え続け25%となった。特に、20代女性の飲み過ぎ率(45.9%)が高かった。

この日、共に公開された2018年青少年健康形態調査結果によれば、中・高校生の喫煙率は6.7%で昨年(6.4%)より小幅増加した。男子生徒の喫煙率は9.4%で昨年(9.5%)と似ていたが、女子生徒の喫煙率が3.1%から3.7%に高まったためだ。今年、青少年を対象に初めて調査したアイコス(IQOS)など加熱式タバコの経験率は2.9%となった。青少年喫煙者の中で43%程度が加熱式電子タバコを経験したが、特に高校3年男子生徒(9.2%で)の割合が多かった。

青少年の飲酒率もここ3年間増加傾向だ。月1杯以上の酒を飲んだ割合が2016年15%から2018年には16.9%に増えた。特に「危険飲酒率」(1回の平均飲酒量が男子生徒は焼酎5杯以上、女子生徒焼酎3杯以上)が8.9%となり、2012年以降最高値となった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP