주요 기사 바로가기

BBC・CNN、防弾少年団を特集報道 「韓日双方にとって敏感なテーマ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.12 08:19
0
米国と英国の主要メディアが防弾少年団(BTS)の日本ステージ白紙事件に対して報じた。

CNNは9日(現地時間)、「BTS、日本でのパフォーマンスが取りやめに 原爆Tシャツ怒りの中」というタイトルの記事を報道した。BTSはテレビ朝日の音楽番組『ミュージックステーション』に出演する予定だったが、過去にメンバーのジミンが着ていたTシャツにプリントされていた内容が問題になり、日本側が出演を見送ったという内容だ。

米国CNNは「日本の最も大きな放送局の一つ(であるテレビ朝日)は、長崎原爆が爆発している様子が描かれたTシャツを着たメンバーに対する怒りが大きくなったことを受け、BTSの出演を取りやめた」と、該当事件を詳しく伝えた。CNNは「韓国と日本はともに第2次世界大戦の遺産(legacy of World War II)に対して特に敏感だ。韓半島(朝鮮半島)は1910年から1945年まで日本の支配を受け、第2次大戦で日本が負けて独立することができた」とし「数百万の韓国人が日本支配中に苦痛を強いられ、彼らに対する問題はいまだに東京とソウルの関係に影響を及ぼしている」と伝えた。続いて「一方、日本は広島と長崎への原爆投下を受け、第2次大戦末に20万人以上の人々が死亡した」とし「日本は核攻撃を経験した唯一の国」と表現した。

英国のBBCは日本ネットユーザーの怒りの声を集中的に報じた。BBCは「(該当のTシャツで)原子爆弾が韓国独立の象徴として使われたため、一部の日本人の目には日本支配を受けた韓半島(朝鮮半島)が原爆で独立できたことを祝っているように映る」とし「これは両国双方にとって極めて敏感なテーマ」と伝えた。BBCは「ジミンが問題のシャツを着た正確な時期は分かっていないが、このシャツを着たジミンの写真は10月からインターネット上で拡散され始めた」と説明した。

BBCは、広島在住の日本人が「BTSがミュージックステーションに出演することを許さない」とし「彼らは原爆を冗談のネタにした」とSNS上に投稿した声を紹介した。BBCは日本のSNS上で「#許せない」「#原爆」などが多く使われているとも伝えた。

これに先立ち、テレビ朝日は公式サイトに発表した声明で「以前にメンバーが着用されていたTシャツのデザインが波紋を呼んでいると一部で報道されており、番組としてその着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めてきた」とし「当社として総合的に判断した結果、残念ながら今回はご出演を見送ることとなった」と説明し、視聴者に謝罪した。防弾少年団は8日に日本に向けて出国する予定だったが、突然の出演中止で韓国内にとどまっている。

ジミンが着たシャツは、過去の長崎原爆投下の様子と独立活動家の写真がプリントされている。英語で「PATRIOTISM OURHISTORY LIBERATION KOREA(愛国心 私たちの歴史 解放 コリア)」という言葉が何列にもわたって繰り返されている。写真は2013年にファンが撮影したものだと分かった。

防弾少年団は13日と14日の東京ドーム公演を皮切りに、大阪・名古屋・福岡などでコンサートツアーを開催する予定だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BBC・CNN、防弾少年団を特集報道 「韓日双方にとって敏感なテーマ」

    2018.11.12 08:19
    뉴스 메뉴 보기
    防弾少年団
    TOP