주요 기사 바로가기

韓国系米議員候補「北朝鮮との平和が最優先…外交問題でリーダーに」

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2018.11.10 09:44
0
6日に行われた米連邦下院議員選挙で民主党候補として出馬した韓国系のアンディ・キム氏(36、ニュージャージー州3選挙区)は8日午後11時(現地時間)現在、100%開票状況で得票率49.9%と、共和党のトム・マッカーサー候補(48.8%)を1.1%上回った。票の再点検手続きが行われる可能性があり、まだ開票完了が宣言されていない状態だが、当選が確実視されている。当選が確定すればキム候補は民主党所属では最初の韓国系連邦下院議員となる。カリフォルニア州39選挙区で当選が確実視されるヤング・キム候補(56、韓国名キム・ヨンオク、共和)とともに、米国の東部と西部で共和党所属と民主党所属の韓国系連邦下院議員が同時に輩出されるということだ。キム・チャンジュン元議員(共和)以来20年ぶりの慶事だ。アンディ・キム氏はこの日、選挙運動本部があるニュージャージー州バーリントンで韓国特派員に会い、「北朝鮮との平和は私の最優先順位」と述べた。

--韓半島(朝鮮半島)問題に関心があると聞いた。

「外交政策イシューで議会のリーダーになりたい。下院軍事委員会で仕事をしたい。国の安保問題で多くの影響力を及ぼすことができる常任委だ」

--トランプ大統領の対北朝鮮政策をどう評価しているのか。

「トランプ大統領が北朝鮮と対話をし、韓国ともこの問題を議論しているのは非常によいことだ。しかし駐韓米国大使の選任が遅れたのをはじめ、韓国イシューが米国の優先順位で後回しにされるような信号があった。これは心配される。韓国が米国の核心のパートナー、同盟という点をさらに確固たるものにする必要があり、そのような部分で役割を果たしたい」

--韓国系の社会がキム候補を支持したと聞いている。

「本当にありがたい。韓国系米国人社会の優先順位に対責任を持って対応したい」

キム候補はニュージャージーで学生時代を過ごし、シカゴ大を卒業した。ローズ奨学生に選抜され、英オックスフォード大で国際関係学で博士学位を取得した。オバマ政権当時の2009年9月、イラク専門家として国務省で第一歩を踏み出した後、2011年にはアフガニスタンのカブールでアフガニスタン駐留米軍司令官の戦略参謀を務めた。2013年から2015年2月までは国防部とホワイトハウス国家安保会議(NSC)でそれぞれイラク担当補佐官として勤務した。

キム候補の父キム・ジョンファンさん(69)は孤児でポリオを患いながらもマサチューセッツ工科大(MIT)、ハーバード大を経て遺伝工学博士となり「アメリカンドリーム」を実現した移民1世代。開票の過程を見守ったキム・ジョンファンさんは「息子に韓国語を熟知させることができなかった点が悔やまれるが、それでも立派に成長してくれて感謝している」と語った。

キム候補はオックスフォード大留学時代、アジア系のカミライさんに出会って結婚し、現在2人の子どもがいる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国系米議員候補「北朝鮮との平和が最優先…外交問題でリーダーに」

    2018.11.10 09:44
    뉴스 메뉴 보기
    アンディ・キム氏
    TOP