주요 기사 바로가기

俳優イ・ジョンソク、無事帰国…「現地担当者、パスポートを持って行方不明」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.06 15:20
0
インドネシア・ジャカルタに抑留されていた俳優イ・ジョンソクが6日、帰国した。

所属事務所A-man projectはこの日、公式SNSを通じて「イ・ジョンソクがインドネシアのファンミーティング直後、企画会社と現地プロモーターであるYES24の業務処理のため、帰国日程が遅れた」として「このような場合は初めてでとても慌てたが、インドネシア大使館の助けで無事に帰国することになった」と明らかにした。

所属事務所は、まず、ビザ未発級事態に関連して「当社は今回のファンミーティングが行われた3日に先立ち、エージェントであるユメトモとザ・クリエイティブ関係者を通じて現地プロモーターであるYES24がイ・ジョンソク外11人のスタッフの公演ビザの発行を完了したという進行状況を確認した」と説明した。

また「これで2日にジャカルタに入国した12人は3日午後6時30分、ファンミーティングを予定通りに行った。だが、出国を控えた4日午後8時ごろ、ジャカルタ空港で出国者全員のパスポートを持っていたYES24のインドネシア法人長の行方が分からなくなったと聞いた」と話した。

所属事務所は「その後、当社は5日午前2時30分ごろ連絡がついた法人長を通じてチケット販売量の申告漏れでインドネシア現地税務当局が出国者全員のパスポートを差し押さえ、これを解決するために罰金を納付するという状況が伝えられた」と話した。

所属事務所によると、イ・ジョンソクとスタッフ全員は事態を早急に解決するために多方面で解決案を講じていたところ、インドネシア駐在大使館を通じてビザ発行に問題が発生して移民局に出国停止措置が取られていることを確認した。

所属事務所は「該当時点までYES24側はイ・ジョンソクと所属事務所に偽りで一貫し、金銭的・精神的に深刻な被害を与えた」として「A-man projectは法務法人を通じてプロモーターであるYES24をはじめエージェント2社を対象にした法的対応を検討している」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優イ・ジョンソク、無事帰国…「現地担当者、パスポートを持って行方不明」

    2018.11.06 15:20
    뉴스 메뉴 보기
    俳優イ・ジョンソク(写真=中央フォト)
    TOP