주요 기사 바로가기

女優アンジェリーナ・ジョリー、俳優チョン・ウソンに「難民擁護に感謝する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.05 09:32
0
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)特使資格で韓国を訪問したハリウッド女優アンジェリーナ・ジョリーが3日、俳優チョン・ウソンに会った。

UNHCR韓国代表部は「国連難民機構特使資格で韓国を訪れたアンジェリーナ・ジョリーが3日、チョン・ウソンと会って約1時間にわたってイエメン難民について話を交わした」と4日、明らかにした。

ジョリーは2001年から2012年までUNHCR親善大使として活動した後、特使に任命された。チョン・ウソンは2015年、親善大使に任命された。

この席でジョリーはチョン・ウソンが最近「難民擁護」の発言をした後、悪質な書き込みで苦労したことに言及して感謝の意を伝えた。ジョリーはチョン・ウソンに「それでも(難民擁護する)役割を果たすことが誇らしくて感謝する」と話した。

ジョリーは「難民が家に帰る時まで彼らを助けるべき共同の責務に対して人々がさらに深く理解することを希望する」として「難民保護法に対するより良い理解とイエメン人の苦痛緩和に向けた各国の役割が必要だ」と語った。

引き続き、ジョリーは4日午前、国内難民政策の主務部署である法務部のパク・サンギ長官に会った。

ジョリーはイエメン難民を支援する韓国政府の努力に感謝を伝えて「難民が出身国に安全に戻る時まで保護を提供すると同時に、徹底した難民審査制度を構築することが重要だ」と話した。

同時に「韓国の難民申請・審査制度の強化のためにUNHCRが韓国政府との緊密な協議を希望する」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    女優アンジェリーナ・ジョリー、俳優チョン・ウソンに「難民擁護に感謝する」

    2018.11.05 09:32
    뉴스 메뉴 보기
    国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の特使であるアンジェリーナ・ジョリーが3日、ソウル市中区国連難民高等弁務官事務所韓国代表部ソウル事務所でUNHCR親善大使である俳優チョン・ウソンに会って世界難民現状と今年5月済州道に到着したイエメン難民申請者などに対する韓国政府の処遇などについて話を交わしている。(写真=UNHCR)
    TOP