주요 기사 바로가기

朴賛浩記念館開館、開館式には元チームメイト野茂氏の姿も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.04 11:53
0
米プロ野球大リーグ(MLB)で活躍した朴賛浩(パク・チャンホ)韓国野球委員会国際広報委員の現役時代の野球活躍像と業績をひと目で見られる「朴賛浩記念館」が3日にオープンした。

忠清南道公州市(チュンチョンナムド・コンジュシ)に建てられた記念館は、朴委員が幼少期に暮らした旧宅と周辺の住宅を増改築した2階建ての建物。

記念館1階には野球体験館、展望台、野球彫刻公園が作られ、選手時代の所蔵品と大リーグ124勝目の勝利ボール、重要芸術所蔵品などが展示された。

また、2階には朴委員の現役時代の球団ユニフォーム、グローブ、バットなどの所蔵品展示と、LAドジャース時代のロッカールームを再現した別名「開拓者の部屋」が作られた。

この日開かれた行事には主人公である朴委員、朴委員の両親、金廷燮(キム・ジョンソプ)公州市長、地域住民をはじめ野球関係者ら200人ほどが参加した。

特に、LAドジャース時代にともに投手として活躍した野茂英雄氏と李承ヨプ(イ・スンヨプ)韓国野球委員会広報大使、公州中学校時代の恩師だったオ・ヨンセさんら野球関係者も姿を見せた。

この日朴委員はあいさつで「先駆者の道は孤独で大変だったが、韓国の人たちの(激励と叱責)のおかげで乗り越えられ、大リーグで124勝を収められたようだ」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴賛浩記念館開館、開館式には元チームメイト野茂氏の姿も

    2018.11.04 11:53
    뉴스 메뉴 보기
    記念館オープンであいさつに立つ朴賛浩氏。
    TOP