주요 기사 바로가기

「BTS・BLACKPINKとともに」海外ポップスター、K-POPにラブコール

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.02 10:46
0
米国ビルボードチャートの境界線が崩れつつある。ことしに入って防弾少年団(BTS)がアルバムチャートの「ビルボード200」で2度頂点に立ったのに続き、韓国歌手が大挙して名前を連ねている。11月3日付のアルバムチャートを調べると、EXO(エクソ)の中国人メンバー、レイが発表したソロアルバム『NAMANANA』が21位、防弾少年団RMのプレイリスト『mono.』が26位を記録した。防弾少年団のアルバム『LOVE YOURSELF結Answer』が50位で9週連続チャート圏内を守ると同時にK-POPのソロ歌手としても最高記録を打ち立てたことになる。

それだけではない。英国のシンガーソングライター、デュア・リパとBLACKPINKが一緒に歌った『Kiss and Make Up』はシングルチャート「ホット100」で93位にランクインした。日系米国人DJスティーブ・アオキと防弾少年団がコラボレーションした『Waste It On Me』は先月25日の公開直後に71カ国および地域のiTunesのソングチャートで1位を占めた。海外歌手が韓国で発表される曲の作業を手伝うということを越え、自国で発表するワールドワイド・アルバムにも先を争ってK-POP歌手を迎えているのだ。

ここ数年間、ヒップホップとEDMが勢いを見せ、異なるジャンル間のコラボレーションは世界的なトレンドでもある。Mnet「SHOW ME THE MONEY777」でpH-1、キッド・ミリー、ルフィーが歌った『Good day』(Feat.ファローアルト)(Prod.コード・クンスト)のように誰がフィーチャリングに参加してプロデュースしたかを最初から曲目に表示する場合が増加しているためだ。ビルボード「ホット100」も6週連続1位のマルーン5の『Girls Like You』(Feat.カーディ・B)等10位圏内の6曲がフィーチャリングおよびコラボ歌手を併記した曲だ。

K-POPの地位が高まったことで韓国歌手の海外ツアーが多くなり、海外歌手の来韓公演が多くなったこともコラボレーションが多くなった背景のひとつだ。アーティスト間の接触の機会が多くなり、直接コミュニケーションできるルートができたおかげだ。『MIC DROP』リミックス・バージョン、『伝えることが出来なかった真心』に続き3度目の防弾少年団とコラボをしたスティーブ・アオキは「ソーシャルメディア上の多様な姿を見て必ず会ってみたいと思い、昨年5月にビルボード授賞式で米国訪問中の時に家に招いた」と明らかにした。

互いにウィンウィン(win-win)する効果もある。防弾少年団としては昨年12月『MIC DROP』リミックス・バージョンでビルボード・シングルチャート28位にランクインして当時の最高記録を打ち立てたし、音楽を作るのに注力するEDM DJとしては新鮮なシンガーを探すことが最も大きな課題であるためだ。

アオキ氏はEメールによるインタビューを通じて「常に一歩先んじるインフルエンサーの姿勢で音楽をやってきたが、アジアンを代表して文化の壁を崩しているBTSに出会ったのは幸運」とし、「まるで陸上選手のロジャー・バニスターが初めて1マイル(1.6キロメートル)を4分以内で走破したようにK-POP、ラテン・ポップブームが文化的限界点を越えていると思う」と明らかにした。

変化を渇望する時代的な雰囲気と合致したという評価もある。専門家らは口をそろえて北米のボックスオフィスで3週連続1位を記録して2億3000万ドルの利益を上げた映画『クレイジー・リッチ!』の成功を言及した。全員アジア系俳優の映画がヒットした今が適期だという分析だ。

音楽評論家のムン・ヨンミン氏は「海外でK-POPが好きなファンたちは既存の主流文化に嫌気を感じて代案を探してきた場合が多い」とし、「人種・性別の多様性の側面でもアジアの女性が注目される状況で、女性ミュージシャンとして主体的歩みを見せたデュア・リパとBLACKPINKのコラボは非常に賢明な選択」と話した。2チームの出会いもデュア・リパのことし5月の韓国公演をきっかけに実現した。

本格的な海外進出に先立ちプロモーション効果を持つこともある。SMエンターテインメントはBoA(ボア)、少女時代などの経験を生かしてレイのプロモーションを米国現地法人で直接進めたが、YGエンターテインメントはユニバーサル・ミュージックの傘下レーベル、インタースコープと協力し、米国進出を予告した。BLACKPINKを筆頭に他の所属歌手も念頭に置いている。これはCLがPSYの海外活動を手伝った米国プロデューサー、スクーター・ブラウンと共にしたこととは違った方式だ。映画『マイル22』でハリウッド俳優に進出したCLは先月末に米国のヒップホップグループ、ブラック・アイド・ピーズの新譜の収録曲『DOPENESS』のフィーチャリングに参加し、歌手としてカムバックすることを知らせた。

MONSTA X・NCT 127など次世代ボーイズグループの活躍も目につく。10日、ソウル・ブルースクエア・アイマーケットホールで初めての単独コンサートを控えている英国ポップ・バンド、PREPはMONSTA XのショヌとSE SO NEONのファン・ソユンがフィーチャリングしたシングル『Don’t Look Back』を発表した。米国R&B歌手ガラントと一緒に作ったVikiオリジナル・ミニ・ドキュメンタリー『When You Call My Name』もウェブサイト「Soompi」で順次公開される。

NCT 127は先月初めての正規アルバム『NCT #127 Regular-Irre gular』でビルボード・アルバムチャート86位にランクインするなど活発な活動を続けている。韓国ジョージ・メイソン大学のイ・ギュタク教授は「アイドルだけでなく、インディーズ・ミュージシャンまでコラボ対象が多角化され、デュア・リパの場合、韓国語の歌詞をそのまま活用するなどK-POPとのコラボを差別化ポイントとして前面に出している」とし、「EDMだけでなくポップス全般でプロデューサーが主軸になって歌手にオファーを出すアルバムが多くなっただけに、新たな窓口になることができる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「BTS・BLACKPINKとともに」海外ポップスター、K-POPにラブコール

    2018.11.02 10:46
    뉴스 메뉴 보기
    ことし9月にグラミーミュージアムで開かれた行事に参加した防弾少年団。(写真上=Big Hitエンターテインメント)今月10~11日にソウル・オリンピック公園体操競技場で単独コンサートを行うBLACKPINK。(写真下=YGエンターテインメント)
    TOP