주요 기사 바로가기

日本の絢子女王、皇族の身分離れ一般男性と結婚

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.10.30 08:39
0
天皇の皇従姪で高円宮家の三女の絢子女王が一般の会社員男性と結婚した。

絢子女王は29日午前、東京の明治神宮で日本郵船社員の守谷慧さん(32)と百年佳約を結んだ。日本の女性皇族の結婚は絢子女王の姉の千家典子さんが2014年に結婚してから4年ぶり。

絢子女王は天皇のいとこである高円宮憲仁親王の三女に当たる。

絢子女王は「かけがえのない日々の幸せや喜び、楽しさを二人で感じていきたい」と話した。新郎は「笑いの絶えない家庭を築きたい」と話した。

絢子女王は皇室の制度・規則などを定めた法律の皇室典範に基づき皇族の身分を失うことになる。

皇室典範によると女性皇族は一般男性と結婚すると皇族の身分を喪失することになる。先に結婚した典子さんも15歳年上の出雲大社権宮司の千家国麿さんと結婚し皇族ではない。

絢子女王は現在千葉県の城西国際大学福祉総合学部で研究員として勤務している。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP